ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「元カノの写真&手紙」男が見られたくない理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


新年度が始まって出会いがあった人も多いだろう。新たに知り合った女性ともしかしたら恋仲になるかもしれない。そんなときに気をつけたいのが「元カノ」グッズ。様々な思い出をそのままにしておくと、新しい彼女に見つかってしまう…なんてこともある。そこで、元カノとの「思い出の品」を男たちはどのくらい持っているのかリサーチ。また、女性側には、それらのアイテムを見つけてしまった経験を聞いた(R25調べ・協力/アイリサーチ)。

【もっと大きな画像や図表を見る】

対象)
男性:恋人がいる20~30代の男性会社員100人
女性:恋人がいる20~30代の女性会社員100人

男性に質問! 元カノとの写真(プリクラ)今も持ってる?

・持っている 40%
・持ってない 60%

持っていると答えた男性40%の内訳は、「見られても問題ない写真」が25%、「見られたらマズイ写真」が15%。果たしてどんな写真なのだろうか。「マズイ」と答えた人に聞いた。

「アルバムを隠していて、イチャイチャがまずい」(26歳)
「見られるといい気はしないと思うから。引き出しの奥に入れている」(31歳)
「仲良さそうにしている写真なのであまりよくない」(28歳)

隠し場所については、「オンラインストレージにて保管している」(36歳)という人もいるなど、苦慮しているようだが、「今カノ」のなかには、偶然にも見つけてしまう人もいるようだ。実態を聞いた。

女性に質問! 恋人の「元カノ」との写真、見たことある?

・ある 19%
・ない 81%

持っている男性が40%に対して、見たことがあるのは19%と男性側の隠しテクニックがうまくいっているとも思える結果だが、目撃してしまった人は…。

「昔の携帯を2人で見ていた時にプリクラの画像が出てきて少し嫉妬しました」(25歳)
「ベッドについている引き出しから写真が出てきた。しまい方が丁寧だったので未練があるのかと思い悲しくなった」(26歳)
「引越しのときに写真箱を片付けていたら見てしまった」(34歳)

やはり、「かなしかった」(23歳)、「見たくなかった」(27歳)という嘆きの声が多かったが、なかには、「全く気にしないので、むしろ積極的に見せてもらいます」(28歳)、「彼の人生の一部なので気にしない」(36歳)などの声も。

では、より、元カノとの親密なやりとりが見える「直筆の手紙」についてはどうだろう。

男性に質問! 元カノからの直筆の手紙、今も持っている?

・持っている 30%
・持っていない 70%

こちらも持っている男性30%の内訳は、「見られたらマズイ手紙」が11%、「見られても問題ない」が19%だった。どんな手紙なのだろうか。「マズイ」と答えた男性に聞いた。

「当時の思い出として取っているだけだが、見つかったら怒られそう」(31歳)
「元カノと今の彼女との友人関係があり、気まずい」(22歳)
「内容がやばい」(37歳)

なかには捨てないのではなく「情念を感じるから捨てられない」(31歳)との声もあったが、実際に目撃してしまった女性はどのくらいいるのか。

女性に質問! 恋人の「元カノ」からの直筆の手紙、見たことある?

・ある 11%
・ない 89%

写真よりもかなり数は減って11%。どんな場面だったのだろうか。

「どうして取っておいてあるのか問い詰めたら喧嘩になった」(25歳)
「写真と一緒に入っていた。見たい気持ちもあったけど見なかった」(34歳)
「何故まだ置いているのか理解が出来なかった」(34歳)

こちらも「今付き合ってるのは自分だから、あまり気にしないことにした」(37歳)という声はあったが、「見たこと自体を忘れたい」(39歳)という女性もおり、写真を目撃されるよりもショックを受けると考えた方がよさそうだ。自宅や実家、スマホのなかなど、思い出グッズが残っている人は、見つかる前に削除すべき、のようですよ。

(小笠原敦)
(R25編集部)

「元カノの写真&手紙」男が見られたくない理由とははコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

元カノ写真「結婚後も捨てず」3割
松本は保管…元カノの思い出捨てる?
今カノより元カノの顔良い○割超
女が探る「恋人の元カノ話」1位は
FBで元カレ検索、女子4割経験アリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP