ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「3D映像の娘」と遊ぶ父親!?ホロポーテーションのデモが凄い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイクロソフト社の開発チーム「Interactive 3D technologies(I3D)」が発表した「ホロポーテーション」は、ホログラムをリアルタイム表示できるシステム。まるで相手がテレポーテーションしてきたかのような擬似体験ができるシロモノです。

ホログラムと会話!

衝撃的ですよね。もちろん相手に触ることはできませんが、目の前に存在しているような臨場感が味わえそう。

インターネットを使った連絡手段のひとつとして、より“生っぽい”コミュニケーションが実現できるのではないでしょうか。下の動画では、リポーターの男性が娘と会話する様子を見られます。

単身赴任や遠距離恋愛中の連絡はもちろん、インタビューや会議の常識も変わるかも。

部屋の四方にカメラを設置したり、ヘッドマウント・ディスプレイを装着する必要がありますが、将来的には映像を投影できるコンタクトレンズなどができて、より自然に見えるようになっちゃうかも?

拡大・縮小も自由自在

デスクの上に小さく表示させれば、小人と話しているような感覚に。

じつはこれ、MR(Mixed Reality)と呼ばれている技術で、ホロレンズを装着しながら手のジェスチャーによって映像を操作できるスグレモノなのです。

立体映像を直感的に操作できる

まだまだ開発段階ですが、すでに世界中で注目されているツール。ゲームや立体造形の編集作業の様子を見ると、いやでもワクワクしてきませんか?一度体験してみたいですね。

Reference:Microsoft HoloLens
Licensed material used with permission by Microsoft Research

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP