体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

単身赴任で2人目出産!周りに助けてもらうための収納改革&連絡テクニック

今は片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは6年前の1人目妊娠の時。

以前は汚部屋暮らしでした。

産後は汚部屋から脱却して快適な暮らしを送っていたのですが、 5年ぶりに2人目を出産することになりまして… 。

前回のコラムでは 出産前の準備として『赤ちゃんのお世話グッズは使う場所を意識して』をご紹介させていただきました( 床が見えない”汚部屋”住人、妊娠を期に片付けに目覚める。まず着手した「仲間集め」とは? )。

今回は同じ出産準備でも、赤ちゃんではなく上の子のために『やっててよかった』出産準備を振り返りたいと思います。

5年ぶりの出産当時、夫は単身赴任中。

新幹線で2時間半、自家用車で約5時間の地域に赴任していました。

お互いの両親も同じくらい離れた場所に住んでいましたので、『何かあったらすぐに駆けつける』には難しく、

・出産前に何かあったら上の子はどうする?

・入院中と産褥期は上の子どうする?

と、自分とお腹の赤ちゃんより、とにかく上の子のケアに気を使った2人目出産でした。

帝王切開が決まっていたので、予定日は夫も両親も駆けつけられる日を選び、産後は両親が1ヶ月間泊まり込みでお世話してくれることで一安心と思いたかったのですが… 担当の先生から 、

「予定より早く陣痛くるタイプかもしれないから準備しといて」

の一言で不安に。

「私が急に入院になったら上の子どうしよう」

昼間であれば、我が家の事情を知っている近所のママたちにお願いすることも可能ですが、夜間ともなれば上の子を預けるには気が引けます。

そこで、兼ねてから交流のあった民間のファミリーサポートに登録し、事情を伝え緊急時の対応をお願いしておきました。

と同時に、 夫と両親にも緊急時にはファミリーサポートに預ける可能性も伝え、途中で引き取ってもらえるようにお願いしておきました。

これなら何かあっても、電話一本で駆けつけてもらい、しばらくは誰かが面倒をみてくれることになります。

これで出産前についてはひとまず安心。

次に気掛かりだったのが、産後のお世話で我が家にやってくる両親への引き継ぎでした。

我が家には2~3回遊びに来てくれたことのある両親ですが、泊まりで生活するのは初めて。

ましてや上の子のお世話もセットとなると、遊びに来るのとは勝手が違います。

引き継ぎ項目を書き出すだけでも大変で、普通に生活をしてもらうために伝えることって、こんなにたくさんあるものなんだと改めて実感しました。

お願いの内容は入院中のこと。

●幼稚園通園に関して

幼稚園の場所、送り迎えの時間、両親と先生の顔合わせ、お弁当つくり、登園グッズ置き場や扱い方など。

f:id:akasuguedi:20160407220529j:plain

※実際、両親に充てたメールの一部

●緊急時の病院など

入院前になってマイコプラズマ肺炎にかかってしまった上の子。

かかりつけ病院の場所、診察券や保険証、夜間休日の緊急病院の場所など、慌てずに済むよう、必要なモノを一箇所にまとめ、『何かあったらここを見て』と言える状態に。

f:id:akasuguedi:20160407221131j:plain

※緊急グッズをまとめておいて写メをメールしていました

f:id:akasuguedi:20160407221259j:plain
1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。