ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国軍元制服組トップの収賄額 約272億円で史上最高か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国軍事検察院は、中国人民解放軍の元制服組トップで中央軍事委員会の郭伯雄・元副主席を巨額の収賄罪で起訴する手続きを開始したが、その収賄額は息子の関与した分も含めて全部で16億元(約272億円)と中国史上最大になることが分かった。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 ネット上では、「中国では軍に限らず、公的機関は汚職なしには機能しない。彼らはことを進めるためには、賄賂以外の方法は知らないのだ」との書き込みがみられるが、これはまだ穏やか部類だ。

 折からパナマの法律事務所からリークされたとされる世界的な要人の巨額蓄財リスト(パナマ文書)に絡んで、習近平国家主席の姉の夫がカリブ海のバージン諸島のタックスヘイブン(租税回避地)の法人を利用していたと伝えられると、米国のインターネットには「習氏やその家族はいつ逮捕されるのだ」との過激な書き込みすら現れている。

 軍事検察院は記者会見で、郭氏は軍内ナンバー2という職務上の権限を利用し、部下の軍内での昇進や異動などで口利きを行い、巨額の賄賂を受け取っていたと発表したが、その「巨額の賄賂」の額については、明らかにしてない。

 これまでの軍内の腐敗事件では、郭氏と同じ時期に副主席を務めた徐才厚氏の場合、自宅の地下室に総重量1トンもの現金が隠されていたと伝えられる。また、解放軍総後勤部副部長だった谷俊山氏が受け取った収賄額は6億元(約102億円)にも上るという。

 今回の郭氏の場合は、息子の郭正鋼・元浙江省軍区副政治委員やその妻の呉芳芳氏、さらに弟の郭伯権・元陝西省民政庁長の汚職事件にもかかわっているとみられ、汚職の総額は16億元と史上最大になる。

 郭伯雄氏の汚職事件が報じられると、米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」などの書き込み欄には、「中国全体が汚職にまみれている。習氏とその一族も例外ではない。習氏が本気で腐敗撲滅を目指すのならば、自身の親族の汚職の事実も認めなければならない。そうでなければ、中国人民は習氏を信じないだろう」とのネットユーザーの意見が掲載されている。

 今回のパナマ文書で、習氏の姉の夫、トウ家貴氏の名前が見つかったことについて、中国外務省スポークスマンは「雲をつかむような話にはコメントしない」と質問を一蹴。NHKのニュース番組がこの問題を報じると、3回にわたって計約4分間、画面が真っ暗になり音も聞こえなくなって、放送が中断された。このようなことから、習指導部は一連の問題に神経を尖らせているようだ。

【関連記事】
習近平主席 情報機関を統轄する国家安全省トップに側近抜擢
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「虎退治」
北京市副市長に習近平側近の若手ホープ選出 習近平閥形成へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。