ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

少子化対策 7歳まで育てた家庭に1000万円支給せよ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 知日派のクライド・プレストウィッツ氏(米経済戦略研究所所長)が「2050年の日本」は新型の超大国として繁栄すると予測した書『JAPAN RESTORED(日本復興)』を出版し話題となっている。その中で、2050年に日本は「平均寿命90歳以上」や「総人口1億5000万人」など日本の底力を称えつつ、我々が克服すべき数々の課題を突きつけた。評論家・日下公人氏がその課題の一つ、出生率について提言する。

 * * *
 プレストウィッツ氏は「出生率が2.3となり、総人口が1億5000万人になる」という点を課題に挙げている。

 私は、出生率についてはいずれ昔の水準に自然に戻ると考えている。というのは、日本ほど子供を可愛がり、大事に育てる国はないからだ。日本人は子供を「何にも代えがたい宝」と考えている。それは日本の文明・文化をよく見れば分かる。

 たとえば「七五三」は、乳幼児死亡率が高かった時代に「よくぞここまで生きた」とわが子の成長を祝ったことが起源とされるが、世界にこんな国はないだろう。

 いささか情緒的な話になってしまったが、事実この1000年間、戦争で人口が一時的に減ったことはあったものの、日本は一貫して人口が増えてきた。少子化が叫ばれるようになったのは、ここ十数年のことなのだ。厚生労働省が何を言おうが、学者が何を言おうが、あまり神経質になる必要はないのではないか。

 とは言え、未来の日本を背負う若い世代が子作り、子育てに漫然とした不安を抱いているのは事実であろう。グローバル時代を迎え、「子供が世界で活躍するために高度な教育を受けさせなければいけない、それにはお金がかかる」などと思い込まされているからだ。

 そこで、若者たちの経済的プレッシャーを払拭するための提案がある。

 7歳まで子供を育てた家庭には、国からのお祝いとして1000万円を支給するのはどうか。いまだって児童手当で子供一人当たり計200万円程度を渡しているのだし、子供が成長して社会に出たら生涯で1億円ぐらいは納税してくれるのだから不可能ではなかろう。現実的な少子化対策として、政府はこの位のことをしても良いのではないか。

 最後に、ラグビー日本代表で活躍した五郎丸歩選手の話をしておこう。彼は20代前半で結婚してすぐに子供が生まれ、いまは2男の父だという。なぜ早くに結婚し子をもうけたのかというと、子供に自分のラグビー選手としての雄姿、また、父として威厳のある姿を見せたかったからだというのだ。日本人が古来持っている、子供を大切にする姿が見て取れる。彼のような若者がいる限り、日本は安泰だ。

 だから、私は少子化について少しも心配していない。一事が万事であって、プレストウィッツ氏に指摘してもらわなくとも私たちの課題は私たち自身が承知しているし、それを克服できる国が日本だとも信じている。

※SAPIO2016年5月号

【関連記事】
「東京オリンピック後日本の地価が3分の1になる」と説く本
総人口の移民割合 ルクセンブルク42.1%、米13.0%、日1.1%
宝くじ当たりやすい県は熊本、沖縄、石川との調査結果出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP