ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライザップにも挑戦の伊藤忠社長 10年に及ぶ長期政権なるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 総合商社業界において三菱商事が15年間守り抜いてきたトップの座を奪ったのは、非財閥系で野武士集団とも呼ばれる伊藤忠商事だった。三井物産と住友商事という財閥系を押しのけ、3300億円の利益をたたき出しての王座奪取だ。この大逆転劇を演出したのは、2010年4月から社長を務める岡藤正広氏(66)の手腕によるところが大きい。

 伊藤忠では、社長は6年で交代というのが半ば不文律になっている。しかし岡藤氏は今年1月、それを踏襲せず続投を決めた。

「社内向けのイントラネットで続投宣言がありました。昨年11月の野球の国際大会『プレミア12』の韓国戦で、先発の大谷翔平投手が快投して7回で定石通りに中継ぎに交代したにもかかわらず逆転負けを喫したことを引き合いに、『交代のタイミングは難しい』と説明していました。続投に関しては、私を含めほとんどの社員が歓迎しています」(30代後半社員)

 この宣言と時期を同じくして、岡藤氏は「ライザップ」という新たな挑戦を始めている。食事制限と運動によって体を絞るトレーニングジムに通い始め、

〈この6年間で血糖値とか体がだいぶ悪くなった。ライザップを始めて半月後に血液検査したら良い数字が出た。これはええなと盛り上がった(笑)〉

 と経済誌で明かした。5kg以上の減量に成功しているという。

 3月1日付の日経新聞朝刊に見開き2ページで掲載した「青い商人」と題された広告も大きな話題となった。

 1974年当時の伊藤忠の社員が、自分の部署に配属されてきた新入社員と交わした会話の思い出が綴られている。その新入社員は生意気な物言いをしたが、その後、事業を立て直しやがて社長に就任したと語られる。締めくくりはこうだ。

〈ところで岡藤君。最近あの頃のきみのような、生意気な眼をした若者に会ったかい?〉

 企業広告に社長の半生を載せるとは異色社長らしい。念願の首位に立った伊藤忠だが、現状を維持していれば前途洋々というわけではなく、勝ち続けるための手を打っている。

 その最大のものが、昨年実施した中国最大の国有複合企業CITIC(中国中信集団)への出資だ。タイのCPグループと合わせて出資額は1兆2000億円にのぼる。東京大学時代に岡藤氏と同じゼミに所属していた小川孔輔・法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授は、この挑戦を評価する。

「大きなリスク要因と見なされていますが、中国は今後も消費財の最終消費地として巨大なマーケットであり続けるので、伊藤忠にも巨大な利益をもたらす。彼はそれに賭けたのでしょう。私も実を結ぶと思います」

 結果如何では、10年にも及ぶ長期政権も見えてくる。ジャーナリスト・有森隆氏はこう見る。

「続投の期間は明言されていませんが、おそらく2年でしょう。それで首位を固める。もし2年経っても安泰でなければ、さらに2年、計10年もあり得ます」(続投期間について伊藤忠は「経営課題に目途がつくまで」と回答)

 岡藤氏は原油やLNG(液化天然ガス)など資源に力を入れる財閥系商社に対し、“非資源ナンバーワン商社”をスローガンに掲げてきた。

「象徴的なのは、社長応接室に額装して飾られている『か・け・ふ』の3文字です。これは、『稼ぐ』『削る』『防ぐ』の頭文字。商いの原理原則を日々、実践するという宣言なのでしょう」(専門紙記者)

 非資源分野で「稼ぐ」、労働の無駄を「削る」──今後、天才商人はどんな策で首位陥落を「防ぐ」のだろうか。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
伊藤忠の社長と会長は“ボケとツッコミ”のようなペアで成功
伊藤忠・岡藤社長 繊維業界で「伝説の人物」になった経緯
伊藤忠社長の「か・け・ふ」哲学 三菱・三井超えの原動力

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP