ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風間杜夫 今も仕事の軸とする「舞台」の魅力を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優・風間杜夫(66)は9歳のときに子役でデビューした。テレビや映画、雑誌『冒険王』の表紙モデルなどで活躍したものの、「俳優を一生の仕事にするなら、子役の仕事はやめたほうがいい」との俳優・米倉斉加年からの助言もあって、少年は芸能界から一時離れる。

「小学校5年くらいまでは学校に行けないほど忙しかったんですけど、6年生になった頃から仕事が減ってきて、それを寂しがる気持ちがあった。あいつは売れているのに俺には仕事がこない、みたいな(笑い)。子ども心にこの感情はヤバイな、いったんやめたほうがいいなと思ったんです」(風間。以下「」内同)

 その後、早稲田大学に進んだ風間は、「自由舞台」に入団、演劇活動を再開。そして、いまも師と仰ぐつかこうへいと出会う。1977年、平田満、三浦洋一らと共演した『戦争で死ねなかったお父さんのために』で、喜怒哀楽の激しいヒステリックなキャラクターであるディープ山崎役を演じきった風間は、一気にブレイクした。

「狂気の風間というか、エキセントリック・ハイテンションという色を、つかさんにつくってもらった。殻を破ってくれ、僕の中にあるいろんなものをあの人が引き出してくれた。本気度を引っ張り出すというか。でも僕の中には、つかさんへの反発もあって、当時は、木刀を持って、あの人を殴り殺した夢を何度も見ていたんです(笑い)」

 つか劇団のスターとなった風間の名は、1982年公開の映画『蒲田行進曲』で一気に広まり、さらに1983年のドラマ『スチュワーデス物語』(TBS系)の教官役でお茶の間にも浸透。ほどなく映画やドラマに欠かせない役者となった。

 だが、風間がいまも昔も自身の仕事の軸に置いているのは、毎年欠かさず3本、4本とやり続ける舞台だ。

「映像の仕事も嫌いではないんですが、掛け持ちというのが嫌で。僕は怠け者ですから、朝6時に起きてテレビをこなして、劇場に入って、そのあとまた撮影なんてことはできない。人間そんなにね、緊張して一日生きられないですよ(笑い)。舞台は、舞台の時間だけきちっとやっていればいい。僕にとっては、一番健康的なんです」

 風間は現在、岩松了・作演出の舞台『家庭内失踪』に出演し、全国28公演をこなしている。小泉今日子演じる妻との間に生まれる倦怠を描いた作品だ。舞台に立つ喜びを風間は隠さない。

「芝居は毎日進化するし、お客さんの前に晒されることで、いろんなことを日々発見するんです。それを楽しんでいる。千秋楽の1週間ぐらい前から、もう公演が終わっちゃうんだと思うと寂しくてね。食事や旅もみんなと共有するのがいいんですよ。できれば一年中、舞台をやっていたいくらいです」

 これまでに4本の舞台で風間を起用し、『家庭内失踪』では役者としても対した岩松は風間をこう評する。

「風間さんには、攻めも守りもできる自在さがある。大相撲で言えば、突進する柏戸と柔軟に受ける大鵬。風間さんはその両方を持っている人なんです。それでいて、僕が役者として大事だと思う『余計なことをしない』も守っている。稽古でも最初からこうだと決めてかかることなく、何もつくらないところから徐々に形にしていく。ちゃんと味も出しながら、そんなふうに演じられる役者は他にいないですよ」

 一方で風間は、一人芝居も継続している。『カラオケマン』は海外でも絶賛され、10年には5時間15分に及ぶ5部作一挙上演に挑戦した。6月29日から始まる『正義の味方』では95歳の老人を演じることになっている。

 落語、舞台、一人芝居、そしてひっきりなしに舞い込んでくるテレビと映画の仕事。そのすべてを糧とし、風間はさらに芸の幅を広げていく。今月で67歳となる彼は、何処をめざすのか。

「森繁久彌先生のような味わいが出る役者になりたいと思っています。『品格と色気と哀愁と』という森繁先生の本があり、僕はそのタイトルを座右の銘にしているんです。もっと年をとっても、この3つを持っているような役者になっていたらいいですね」

撮影■江森康之 取材・文■一志治夫

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
小泉今日子と風間杜夫が倦怠感ある夫婦演じる『家庭内失踪』
風間杜夫 つかこうへい流の役者観をどんな芝居でも心がける
10年愛実らせた風間俊介 新妻とのマッサージデートの様子

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP