ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

草笛光子 若すぎて82才で黒髪が生えてきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ちょっとホントなのよ! 黒い髪が生えてきたのよ。もう困っちゃうわ(笑い)」

 最近、草笛光子(82才)は周囲にそんな“悩み”を告白しているという。

 大河ドラマ『真田丸』(NHK)で、主人公・信繁(堺雅人、42才)の祖母・とりを演じている草笛。敵勢から逃れるためノリノリで顔に泥を塗って百姓に変装したと思いきや、「何があっても真田を守る」と毅然と言い放つ。

 4月3日の放送では、戦を目前に控えて浮き足立つ女衆を一喝して落ち着かせるなど、存在感の大きさは際立っている。

 しなやかな体と透明感のある肌に憧れる女性は多く、芸能界では萬田久子(57才)などが美の師匠と仰いでいるが、“日本一若い80代”と呼ばれる草笛の代名詞といえば、つややかな銀髪。そこに黒髪が生えてきたというのだから、「若返り」と「自慢の銀髪に黒髪」の狭間で嬉しいやら悲しいやら。それにしても、草笛の若さの秘訣はいったい何か。

「毎朝の入念なストレッチと、バランスボールを使った体幹トレーニングなどの筋トレを欠かさないそうです。草笛さんは大型のラブラドール・レトリバーを飼ってるんですが、犬の散歩も楽しみを兼ねた体力づくりだそうですよ」(草笛の知人)

 肉体だけでなく、精神の充実もあるようだ。1962年に離婚して、現在草笛は都内の一戸建てでひとり暮らし。その家には、若い男性が出入りする姿が頻繁に目撃されているという。そこにも秘訣が!? と思いきや…。

「いや、それは役者さんや舞台スタッフですよ(笑い)。草笛さんのお家には稽古場があって、そこに若い役者たちが集まってくるんです。大女優ですが、どんな相手にも分け隔てなくアドバイスをして、ポンと背中を押してくれる草笛さんを慕う人は多い。一方の草笛さんは、孫ほど年の離れた人たちの新鮮な演技を見て、刺激をもらっているそうです」(芸能関係者)

 日々欠かさない体と心のケアだが、いちばんのポイントは“肉食”だという。

「草笛さんはとにかくお肉をよく召し上がるんです。赤身はもちろんカルビなど脂の多い部分も大好物。舞台の本番があるときには、“元気を出すため”って朝からステーキを食べるほどですからね。行きつけの焼肉店にもほぼ毎週顔を出しているんですが、オーダーするのは肉だけ。“焼肉屋なんだからお肉! 野菜なんて食べてたらもったいないわ!”が口癖です(笑い)」(前出・知人)

 美養フードクリエイターの岩田麻奈未さんはこう解説する。

「肉に含まれるたんぱく質は、筋肉、骨、内臓、髪の毛などを維持するために不可欠な三大栄養素の1つ。しかし、現代人の平均的な食事では不足しがちなんです。
ですから、肉をしっかり食べるのも必要なことなんですよ」

 吉高由里子(27才)や佐々木希(28才)といった若い世代はもちろん、夏木マリ(63才)は食べる順番にまでこだわるほどの“肉好き”で美しさに磨きをかけているという。しかし、草笛はそれが高じて黒髪が生えてくるなんて…。スゴイ!

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
朝ドラで美貌話題の萬田久子 美の師匠・草笛光子の助言
文豪ゲーテ 自らを若返らせるため若い女性との行為に励んだ
ぎんさん せっせと海苔を食べたら20日で黒い髪が生えてきた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP