ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歌手復帰した垣内りか 愛内里菜から改名した真相を告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2000年にシングル『Close TO Your Heart』でデビュー。その後、アニメ『名探偵コナン』のテーマソングをはじめ、数々のヒット曲を生み出した愛内里菜(35才)。しかし、甲状腺の病気を理由に、6年前に歌手活動を引退した。現在、改名して垣内りなとなり、歌手活動を再開した彼女が、当時の苦悩やデビュー時の体験を語った。

――デビュー後、多忙な日々の苦労を教えてください。

垣内:2か月に1回のペースでシングルをリリースしていたんですが、それが“愛内里菜”というアーティストに課せられた決まりだったんです。だからスタジオにこもって、作品をひたすら作り続けていました。とにかく2年間は制作に明け暮れていたので、昼とか夜とか、時間を感じる余裕がありませんでした。

――家に帰れないぐらいの状況だったんですか?

垣内:たまにスタジオに泊まっていました。ソファーに横になって、持っていたジャケットを羽織ったりしてスタジオで寝ていたら、事務所の社長に「帰れよ」と注意されました(笑い)。

 1日泊まったら、次の日はさすがに帰っていました。でも家には寝に帰るだけって感じで、起きたら事務所に行って、色んな確認ごとをして、夜になったらスタジオに入って、明け方3時4時までスタジオにいました。

 その頃は若かったので、寝なくても、食べなくてもいけたんですよ(笑い)。歌い始めると食べられなくなるタイプなので、軽食を用意してもらって、合間につまんだりしました。

―― 一番つらかったことは?

垣内:私は歌詞を全曲書いているんですけど、歌詞を書くのが得意じゃなかったんです。「曲か歌詞か、どっちか書いて“自分の曲”を作ったほうがいいよ」とプロデューサーに言われたので、歌詞に決めたんですけど、歌詞を生み出す作業が大変でした。最大1か月書けないこともありました。

――華々しくデビューした印象がありますが、金銭面で苦労したことはない?

垣内:実はうちの事務所は、ヘアメイクなどが自分持ちなので、初めは会社に借金して衣装を買っていしました。最大150万円くらい借りたので、「売れなかったら、どうやって返したらいいんだろう」って、18才の私は心配でした。

――それが実って、最盛期は月収500万円。

垣内:借金が返せてよかった(笑い)。この時が一番寝る時間がなかったです。2枚目のアルバムの頃ですね。

――実家の大阪から東京に出たことでの苦労は?

垣内:うーん……。事務所が厳しくて、10代でデビューして、東京に出てないんですよ。初めは実家から大阪の事務所に通っていたりして。レコーディングも撮影も大阪だし、プロモーションビデオも大阪で、いつ海外とか行けるんだろうとか思いながら。

『ミュージックステーション』とかテレビの仕事が入ったら、ボードに、“愛内東京出張”と書かれて、それで出張行ってきますってテレビの撮影して、雑誌の取材受けて、レコーディングのために大阪に戻っていたので。だから、あまり環境が変わらなかったんです。大阪には家族もいたし友達もいたので。

――昨年9月に歌手活動を再開しました。なぜ、“垣内りか”に改名したのですか?

垣内:わんちゃんに関するトークイベントをしていたのですが、“愛内里菜”と広告に打つと、「なんで歌わないの?」という苦情に変わってきたんです。歌で締めるんじゃないかと、期待してくだって、残念な気持ちにさせてしまったようで。

 それだったら、ペットのことは垣内りか、愛内の歌を歌うときは愛内里菜、線を引いた方が、皆さんもちゃんとわかりやすいんじゃないかなって。自分自身も切りかえられますし。それで2013年に改名しました。

 本名は、“垣内りかこ”なんですけど、“垣内りか”の方が、愛内里菜と響きが似てるかなって(笑い)。

――復帰では“垣内りか”で歌っていましたが、歌は“愛内里菜”担当では?

垣内:愛内里菜は2010年の時点で一区切りにしていて、歌手1本でいきたいという想いで作りあげてきたもの。今は、マイペースにペットの仕事もしながら、また違ったスタイルで歌いたいという考えです。垣内りかとして表現できる歌をゆっくり歌っていきたいと思い、垣内で歌を再開させていただきました。

――ところで現在35才ですが、結婚観を教えてください。

垣内:結婚はタイミングがあればしたいんですけど、恋人がいないんですよ(苦笑)。

――好きなタイプは?

垣内:ぐっさん(山口智充)みたいに、ちょっとガタイがいい人が好きなんです。私は負けん気が強いので、受け止めてくれそうな人、守ってくれそうな人がいいです。ぐっさんは、私が好きなタイプだと知っていますよ(笑い)。

――直接、伝えたんですか?

垣内:音楽番組で言ったときに、周りから伝わって、ぐっさんの番組に呼んでもらって、オンエア中に好きですと言いました(笑い)。そらからライブに呼んでもらえるようになりました。

――最後に今後の目標を教えてください。

垣内:ガツガツいくというより、ペットブランドをやって、歌のこともやって、ゆっくり自分のペースを乱さないようにしていきたい。ライブをコンスタントに続けながら、ペットの仕事も両立していけたらいいなと思います。

【垣内りか(かきうち・りか)】
1980年7月31日生まれ。大阪府出身。2000年に、シングル『Close TO Your Heart』で歌手デビュー。『名探偵コナン』のテーマソングをはじめ数々のヒット曲を生み出し、2003年にNHK紅白歌合戦に出場。しかし甲状腺の病気を患って、2010年に引退。2012年、ドッグブランド『Bon Bon Cosine』をプロデュース。2015年、歌手活動に復帰した。

撮影■浅野剛

【関連記事】
元・愛内里菜 5年ぶりTV歌唱でコナンファンから復帰望む声
元愛内里菜の垣内りか 犬ブランド立ち上げ、歌手復帰語る
三菱東京UFJ銀行、三菱商事、メガ損保3社 新社長の力量

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP