体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上質な仔牛の脂が味の決め手!『旨塩まぜそば』を食す! @『最強ラーメンFes,』町田

tougyu015_R

『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』の第二陣は色々な種類のラーメンが揃っています。

特に“つけ麺博”のスピンオフ企画なので“混ぜそば系”も多く出店しているのも魅力ではないでしょうか?

tougyu001_R

その中でも、ちょっと筆者的に注目なのが『まぜそば専門 闘牛脂』で御座います。

tougyu000_R

個人的に“油そば”などの混ぜそば系が好きなのもありますが、仔牛の脂を使っているのが気になりますね。

最近はラーメンも豚や鶏だけではなく牛を使った店も増えているので、近い将来“牛ラーメン”がブームになる予感です。

『旨塩まぜそば』を食す!

tougyu017_R

というわけで、『旨塩まぜそば』で御座います。

大きな牛バラ肉の塊とスライスされたカルビ(牛バラ肉)が頼もしい感じで、看板にある“闘牛脂”の名に恥じないインパクトがあります。

tougyu020_R

また“まぜそば”なので混ぜやすいようにメンマが細切りにしてあるのも、小さな事ですが重要かと存じます。

tougyu018_R

ここら辺の細かい気配りが出来るラーメン屋さんは、美味しいラーメンを作る事が出来ると思って間違いないでしょう。

独特な旨さの『旨塩まぜそば』

tougyu021_R

“混ぜそば”では麺同士がくっつかない為にも油は必須で御座います。

しかし!

旨みのある背脂などの動物系の脂では、温度が下がると食感が重くなるデメリットがあります。なので一般的には“サラダ油”のような植物系の油が使われます。

tougyu023_R

そんな常識を覆すのが『旨塩まぜそば』なのです。

動物の脂は大きくなると言うか歳を取るほどクセが出るので、仔牛の脂を使っているとの事。さらに特製の塩ダレは“内モンゴル産岩塩”を使い、ストレートな美味しさを醸し出しています。

この仔牛の脂と岩塩が決め手となり『旨塩まぜそば』になるのです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会