ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上質な仔牛の脂が味の決め手!『旨塩まぜそば』を食す! @『最強ラーメンFes,』町田

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』の第二陣は色々な種類のラーメンが揃っています。

特に“つけ麺博”のスピンオフ企画なので“混ぜそば系”も多く出店しているのも魅力ではないでしょうか?

その中でも、ちょっと筆者的に注目なのが『まぜそば専門 闘牛脂』で御座います。

個人的に“油そば”などの混ぜそば系が好きなのもありますが、仔牛の脂を使っているのが気になりますね。

最近はラーメンも豚や鶏だけではなく牛を使った店も増えているので、近い将来“牛ラーメン”がブームになる予感です。

『旨塩まぜそば』を食す!

というわけで、『旨塩まぜそば』で御座います。

大きな牛バラ肉の塊とスライスされたカルビ(牛バラ肉)が頼もしい感じで、看板にある“闘牛脂”の名に恥じないインパクトがあります。

また“まぜそば”なので混ぜやすいようにメンマが細切りにしてあるのも、小さな事ですが重要かと存じます。

ここら辺の細かい気配りが出来るラーメン屋さんは、美味しいラーメンを作る事が出来ると思って間違いないでしょう。

独特な旨さの『旨塩まぜそば』

“混ぜそば”では麺同士がくっつかない為にも油は必須で御座います。

しかし!

旨みのある背脂などの動物系の脂では、温度が下がると食感が重くなるデメリットがあります。なので一般的には“サラダ油”のような植物系の油が使われます。

そんな常識を覆すのが『旨塩まぜそば』なのです。

動物の脂は大きくなると言うか歳を取るほどクセが出るので、仔牛の脂を使っているとの事。さらに特製の塩ダレは“内モンゴル産岩塩”を使い、ストレートな美味しさを醸し出しています。

この仔牛の脂と岩塩が決め手となり『旨塩まぜそば』になるのです。

混ぜてからが本番の『旨塩まぜそば』

まあ、細かい事はさて置いて、混ぜて食べてからが本番の『旨塩まぜそば』ではないでしょうか?

ぱっと見た感じはタレの色合いもなく、味の薄そうな“混ぜそば”ですが実は違います。カルビ、すなわち牛バラ肉のスライスも大量にあるので、丼の中全体に牛の美味しさが詰まっています。

さらに味のアクセントとしては、しっかり濃い味付けで煮込まれた牛バラ肉の塊が秀逸ですね。

他が塩ベースの味付けでシンプルな分だけ、この味付けのコントラストが良い感じで、飽きる事なく最後まで食べ進める事が出来ます。

まさに“旨塩”と呼べる『旨塩まぜそば』かと存じます。

『旨塩まぜそば』 総評

かなりどっしりした印象の『旨塩まぜそば』ですが、意外と繊細な部分もある“混ぜそば”かと思いました。

焼肉で考えると分かりやすいのですが、やはり脂は豚よりも牛の方が軽いので、意外と女性でも抵抗なく食べられる『旨塩まぜそば』は、多くの人に食べて欲しいですね。

特に肉のボリュームがあるので、よくある寂しい感じの“混ぜそば”と違い、店に出向いてでも食べる価値があると思います。

どうしても“油そば”や“混ぜそば”はスープが無い分だけ、ラーメンよりも低く見られてしまいがちですが、この『旨塩まぜそば』のようなしっかりした一杯が増えれば、いずれは“つけ麺”のように多くの人の支持を得られると感じました。

「混ぜそばは美味しい!」

とにかく混ぜそばの美味しさを知らない人にこそ、食べて欲しい『旨塩まぜそば』ですので、是非この機会に試してみて下さい。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP