体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わずか15分の野田首相「朝霞宿舎視察」リポート――「凍結」ではなく「中止」をという地元の声届かず

朝霞公務員宿舎問題

首相は朝霞宿舎の建設について5年凍結との指示を出したが、この「凍結」という言葉は、事業仕分けでも使われたトリック。地元で公務員宿舎建設に反対している人達にとっては、もっとも信じられない言葉だと言っていいだろう。事業仕分けでの「凍結」は、わずか一年で「凍結解除」され、反対意見を無視する形で再開した。また同じ誤ちを繰り返すのだろうか。

野田首相の車

野田首相による朝霞宿舎視察で感じた疑問

首相の視察で疑問に感じたところを簡単にまとめます。

【市民の声を無視】宿舎予定地内に入れたのは首相と担当の役人、そして官邸お抱えのマスコミのみ。長年この問題に取り組んできた市民の方々とフリー記者などメディア関係者は完全シャットアウトしての視察だった。朝霞市民が集まったゲートとは別の裏口から現場入りをし、市民の声を無視。官僚の説明をきくだけでは「視察」と言えないのではないか。

【「凍結」ではなく「中止」】地元や国民が何を求めているのか耳を傾けなかった結果、求められているのは「凍結」ではなく「中止」だということに気づかず、理解もしていない。そもそも解除の承認をおこなったのは当時財務大臣だった野田首相自身で、今回は振り出しに戻ったにすぎず、まったく前進していない。

【あまりにも下手な芝居】視察決定時点でとりやめの方向で固まっているだろうというのは、いい大人だったら誰にでもわかること。それなのに、まだ木々が残っている状態であるならまだしも、ほとんど木が伐り倒された何もない現地で土の上を歩いて「自分の中の腹は固めた」との首相発言は演出だとしても台本が悪すぎる。

【15分の滞在時間に関係ない話をする無神経さ】首相の現地滞在時間はわずか15分。わずかな滞在時間の間に「ぶら下がりをやめて会見をある程度の頻度でやる件」などまったく朝霞と関係ない話までしている。そんな時間があるなら地元朝霞市民の声をきくべき。朝霞まで来てそんなことを質問しているマスコミも非常識だしそんな質問に生真面目に答えている首相も無神経だ。

「凍結」ではなく「中止」を

市民の声を聞かない「視察」の滑稽さ

野田首相は一体なにをしに朝霞へやってきたのだろうか。

「(野党側の)指摘は真摯に受け止め、実際に現場に行って最終判断したい」野田首相は先週そう述べた。そして10月3日の午前、国家公務員宿舎建設の進む埼玉県朝霞市を「視察」に訪れた。しかし現地の滞在時間はわずか15分ほど。地元市民の声もきかずに首相は帰ってしまった。市民の声を無視するのであれば、それは「視察」とは呼べない。

スーツ姿の警察官と関東税務局

3日の朝、地元の「朝霞基地跡地利用市民連絡会」を中心として建設予定地の入り口にプラカードをもった人たち100名程が集まった。さらに沿道には市民100名程が見守っている。市民と主要テレビ局の取材班、スーツ姿の警護関係者と関東財務局の人たち、そしていつもここを散歩コースにしているというシベリアンハスキーと飼い主などが混然となりここで野田首相の到着を待った。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。