ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

まだ、アメリカの統治下にあった1970年代初頭の沖縄。その時代に建てられた施設をリノベーションして、新たに「モーテル」として生まれ変わらせたデザインホテルが、本島中部に開業しました。

気分はまるでロードムービーの主人公。窓から海が見えるだけが、この島の魅力じゃありませんよ。

リアルな“Okinawa”を体感する
モーテル泊が面白そう

【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!

一列に並ぶガレージから、キャデラックやサンダーバードといったアメ車が今にも出てきそうなこの感覚。スクリーンの中でしか出会えないような世界が、那覇から1時間ほどの場所にありました。

ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着いた住宅地が広がっています。
【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!

日本とアメリカ、ふたつのカルチャーがミルフィーユ状に折り重なるようにして、琉球文化と混じりあう場所。この沖縄の象徴のような地区には、アメリカ統治時代の“Okinawa”だったころに建てられた建物が今も多く点在し、ここ数年カフェやセレクトショップへと改装した店舗が次々とオープンする注目のエリアです。

その一角に開業したのが「SPICE MOTEL OKINAWA」。建築デザインオフィスがリノベーションした、開放感あふれるデザインモーテルです。

部屋は選べる3タイプ
もちろん、ガレージ付きも

【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!
【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!
【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!
【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!

部屋のタイプはダブル、ツイン、トリプルまで(1泊5,200円〜)。かつてのモーテルを再現したインテリアの部屋は、外国人旅行者にも人気があるんだそう。また、北部へと向かう旅の中継点として単泊で利用したり、さらには腰を据えてのロングステイにも、旅のスタイルやスケジュールに合わせて利用できる“気軽さ”が魅力です。
【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!

こちらは併設のカフェ。ひときわ目を引く「自動車」のネオン看板は、もともと建物の屋根にあったものを再利用したものだとか。出会いの場となるロビーラウンジにくつろぎながら、旅の情報を交換したり、泡盛のグラスを傾けながら旅の余韻に浸ったり。ホテル泊とはひと味違う「島時間」を堪能できるはず。

ちなみに、一番近いビーチまでは車で約10分ほどだそう。
【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!

ところで、県の観光統計資料によると、沖縄を訪れる観光客の約8割がリピーター層だといいます。コバルトブルーの海が広がる、オーシャンビューのリゾートホテル泊も当然すてきだけど、普段着感覚で沖縄を体感するのも、この島の楽しみ方ですよね。目の前に迫ったGW、もしくは夏休みに。予約は公式ページからどうぞ。

三線の音色がいつもと違って聞こえてくるはず。

Licensed material used with permission by SPICE MOTEL

関連記事リンク(外部サイト)

ここは天国ですか?地図に載っていない奇跡の島「バラス島」
沖縄・宮古島をドローンで空撮。空からしか分からない「青い魅力」
アナタも経験あるはず!帰国後すぐ、旅に出たくなる「10の理由」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。