ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポール・スミス「それでも人生は、大丈夫」と思わせてくれる曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月9日オンエアされたJ-WAVE土曜朝の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「FALKEN MEMORY TUNES」では、世界的なファッションデザイナー、ポール・スミスさんが登場。天才デザイナーの思い出の1曲、そしてその理由とは何なのでしょう。

そもそも「一番好き、という表現はあまり好きではない」というポールさん。好きなアーティストは、Neil Young、Van Morrison、Bob Dylanだと言います。

「仕事で世界中を一人でまわって、ホテルの部屋に入ってリラックスするときに、この曲を聞くと『あ、それでも人生って大丈夫なんだな』って感じる。ぜひ、みんなにも聞いてもらって、肩の力を抜いてほしい」と語ったポールさん。
その1曲とはNeil Youngの「Out On The Weekend」。邦題が「週末に」という、この番組にぴったりのナンバー。

「やっぱり人は毎日いつも幸せじゃないわけじゃないですか。いろんな壁を乗り越えていかなきゃいけないわけだし。家帰って『あぁもうしんどい』『もうやってらんない』って思った時に、この曲を聴くと『なんか、でも大丈夫か!』ってなりますよね」とハリーもポールさんに共感。

ポールさんにとって人生のモットーのひとつに「Everyday is a new beginning」(どんな日でも新しい1日である)という、言葉があるそうです。「昨日がしんどくても、今日また新しい1日だから、毎朝リセットして素敵な1日でいきましょう」というこのメッセージ。心に留めておきたい素敵な言葉ですね。これ以外にもインタビューに答えてくれたポールさん。その様子は後日オンエアされるようなので、お楽しみに。

ポールさんは、4月9日から17日まで表参道の「ポール・スミス スペースギャラリー」にて、日本の写真家・鋤田正義さんとともに、デヴィッド・ボウイへの哀悼の意を込めた展示「Paul Smith + Masayoshi Sukita for David Bowie 2016」を開催しています。ここでは、デヴィッド・ボウイのメモリアルアイテムや、鋤田正義の写真に、ポール・スミスの手書きメッセージをプリントした限定Tシャツなどを販売しているそうなので、立ち寄ってみては?

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP