ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃんのうなじに赤いあざ…「ウンナ母斑」が気になる!

  • ガジェット通信を≫


赤ちゃんの、つるつるすべすべの肌…うらやましいほどですね。でも赤ちゃんの後頭部やうなじをよくみると、赤いあざのようなものができていることがあります。これは「ウンナ母斑(ぼはん)」と呼ばれています。

放っておけば消えるものでしょうか? それともできるだけ早く医師に相談して対処した方がいいのでしょうか? 気になりますね。今回は「ウンナ母斑」について、医師に聞いてみました。

ウンナ母斑って何?

ウンナ母斑は、生まれたばかりの赤ちゃんの、頭の後ろの部分からうなじの部分にできる赤いあざです。赤いけれどあまりくっきりしておらず、境界がはっきりしていないのが一つの特徴です。

同じような赤いあざが、顔にあらわれることもあり、こちらはサーモンパッチと呼ばれます。顔の中でも、おでこや目の周囲などに見られることが多いようです。

赤ちゃんに赤あざができているとびっくりしてしまいがちですが、このウンナ母斑か、サーモンパッチのどちらかがあらわれる赤ちゃんは、全体の2割以上に及ぶといわれ、決して特別な、珍しい病気ではありません。

原因は?

ウンナ母斑が起こる原因は、まだ根本的なことがわかっていません。ただ、ウンナ母斑の赤い色は、毛細血管が異常に増殖したり、毛細血管の一部が拡張したりしたものと考えられ、赤ちゃんがまだお母さんのお腹の中にいるときに、血管が発生する過程で起こるものと考えられています。

自然に治るの?

また、だいたい半分くらいのウンナ母斑は、1歳半を迎えるまでに、何もしなくても消失するといわれています。ですから、基本的に1歳前後の赤ちゃんのウンナ母斑はあまり気にする必要はないでしょう。ただ、赤ちゃんが1歳半になってもそのままウンナ母斑が残っているようであれば、治療をするかどうか、そろそろ考える時期だといえるでしょう。

この時期になると赤ちゃんの髪の毛が生えそろってくる場合も多いので、赤ちゃんのウンナ母斑が髪の毛で隠れる部分か、そうでないかということもはっきりしてくると思います。治療が必要かどうか検討もつきやすくなるでしょう。

もちろん、髪の毛で隠れる場所などであれば、そのままにしておくという選択肢もあり、ウンナ母斑が1歳半過ぎまで残っているからといって必ず治療しなくてはいけないということはないですし、通常は放っておいても悪性化したり問題が起こるものでもありません。

治療法は?

ウンナ母斑に治療を行う場合、専門は皮膚科です。治療は、レーザーを当てて目立たなくするというものです。ウンナ母斑の治療自体は、一回ないし数回レーザーを当てるだけでだいたいきれいになり、気にならなくなることがほとんどですから、あざの中ではさほど難しい治療ではないといえます。

【医師からのアドバイス】

赤ちゃんのあざ。ご両親は悩んでしまいがちですが、ウンナ母斑は俗に「コウノトリがくわえた跡で、幸運のしるし」などといわれることもあります。あまり気に病まず、ポジティブに考えるといいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃんの毛が薄い&伸びない原因と対策は!?
赤ちゃん自分の手をじっと見つめる「ハンドリガード」とは?
出産後、一時的に記憶力が低下する「 マミーブレイン」とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP