ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事疲れで眠れない!不眠やストレスは夜のお散歩で解消!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ストレスが溜まってなかなか眠れないという方は、頭の使い過ぎによる疲労が原因かもしれません。特に頭を使うデスクワークでは一日中同じ姿勢でいることも多く、血流が悪くなってしまうのも、疲労の蓄積に拍車をかけることに。そんな時は夜に軽い運動をすれば、頭と体のバランスが良くなりぐっすり眠ることができますよ。

肉体疲労よりも危険な精神疲労

運動などによる肉体疲労は、疲れたと思ってもぐっすり眠れるものです。でも頭を使う仕事などによる精神的な疲労は、神経が高ぶってしまいなかなか寝付くことができません。これは、体と精神のバランスが崩れた状態。デスクワークが多い方は、同じ姿勢を取り続けることによる血行不良が重なって、頭が重苦しい感じになってしまいます。ぐっすり眠れなければ、疲労とストレスはさらに溜まっていくばかり。その日の疲れはその日のうちに解消するに越したことはありません。

副交感神経が優位になる夜こそ、軽い運動がおススメ!

健康のためには朝や昼間の運動がベターですが、精神的な疲労を軽減するなら、夜に軽い運動をするのがおススメです。夜に運動をすることで、日中に凝り固まった首や肩の筋肉をほぐすことができるので、血流を良くしてぐっすり眠る効果が。夜は副交感神経が優位になるということも、夜の運動をおススメする理由です。副交感神経が優位になると体はリラックス状態になります。その時に軽い運動をすることで、より血管が開きやすくなり、日中の疲れを流すことができるのです。

激しい運動はNG! ウォーキングやヨガでリラックス!

一日の精神的な疲れを取るためにおススメするのは、あくまでも軽い運動です。それほど心拍数が上がらないウォーキングやヨガなどがいいでしょう。家の周りを30分程度お散歩するだけでも効果はあります。食後から就寝1時間前くらいまでの間に済ませるようにしましょう。ウォーキングなら、軽い会話ができるくらいのスピードがベスト。家族と一緒にお散歩してもいいですね。ストレスが溜まりやすいのは精神的な疲労ですが、血流を良くして肉体的にほんの少し負荷をかけることで、精神疲労は軽減されます。軽い運動の後は、ぐっすり眠ってしっかり疲れを取ってくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP