ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【在住者イチオシ】知的好奇心を満たす!読書の街シアトルの老舗書店3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シアトルは読書の街。2015年、アマゾンが発表した全米の都市別「書籍・雑誌・新聞の販売ランキング」で1位を獲得したほどです。アマゾンだけでなく、実店舗で本を買う人も多いのでしょう。味わいある独立系書店(インディーズ書店)や古本屋さんが山ほどあります。中でも歴史ある名店を3店ご紹介します。

1.シークレット・ガーデン・ブックス(Secret Garden Books)


【ポイント】
絵本が充実している
近隣の散策が楽しい

バーネットによる児童小説『秘密の花園』、最近でいえば大人のぬりえブームを巻き起こした『ひみつの花園』を思い起こさせる独立系書店。1977年創業で約40年の歴史を持ちます。

お店の売りは絵本。入口のすぐ左手に、色とりどりの絵本が勢ぞろいしています。運が良ければ著者のサイン本に出合えることも。上写真のように書店員による推薦文がついていることも多いので、本選びに迷ったら参考にしてみましょう。

お店はバラードという地区の大通りに面し、周囲にはカフェ、パイ店、ドーナッツ店などが並んでいます。買った本を近くのカフェで開いてゆっくり読書、なんて最高の過ごし方ではないでしょうか。

[Secret Garden Books]

2. マガス・ブックス(Magus Books)

【ポイント】
専門書が充実している
文化財のようにアンティークな店内

1978年創業、独立系の古書店としては最も歴史あるお店のひとつです。ワシントン大学周辺のユニバーシティ・ディストリクトという大学街にあるため、古典文学やマニアックな専門書など、他では見つけられそうにない希少本が揃っています。

ジャンル分けを見ているだけでも楽しいです。「数学」「天文学」に始まり、「チェス」「分類不可」なんてジャンルも。また『ラジオの組み立て方』や『はじめてのコーラン』など、「世の中にこんな本が存在するのか!」と驚かされる逸品がぎっしり。

天井までそびえたつ本棚は、迷路のように入り組んでいます。隅々に面白いマンガや新聞記事が本棚に貼られていて、それを探すのも楽しみの一つだったり。

タイプライターで打たれたような文字で、本棚のジャンルが表示されています。正直とっても見づらいのですが、味わいがあって許せてしまう。文化の薫りに満ちた、楽しい古本屋さんです。

[Magus Books]

3. エリオット・ベイ・ブック・カンパニー(Elliott Bay Book Company)

【ポイント】
カルチャーの発信地に位置する
書店員によるおすすめ本がたっぷり

「シアトルの本屋さん」といえば忘れてはならない定番の独立系書店。1973年、シアトル発祥の地ともいえるパイオニア・スクエアにオープン。2010年に、現在のキャピトル・ヒルに移転しました。ヒップなカフェや雑貨店が次々オープンする活気あるエリアです。

この店の魅力は、何といっても「スタッフおすすめ」の棚。おすすめコーナーは大抵の本屋さんにありますが、これだけ大きい本棚はなかなか見かけません。一冊一冊に寄せられた手書きの推薦コメントも、熱がこもっています。広い店内で「一体どの本がいいだろう?」と途方にくれたら、この本棚へ行けば何かお気に入りが見つかります。

おすすめ本をピックアップした冊子も特徴です。入口のすぐ正面に置かれているので、まずこれでお目当てを見つけてから、冊子片手に店内を回るのもいいでしょう。

[Elliott Bay Book Company]
[All photos by Misako Treutel]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP