ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

睡眠時に最適な温度を調節し続けるマットが登場、トラッキング機能も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

睡眠の質を上げるためにアプリやスマートベッドなどが次々登場しているが、今度は睡眠の質を上げるというベッドパッド「MOORING」がIndiegogoに登場した。

 

 ・寝る際の温度を自動調節!

 

夏と冬以外は眠るときの温度についてあまり意識しない人も多いと思うが、実は重要な就寝時の体温。

就寝時だけでなく、寝ている際や起きる前などにも体温は変わるが、MOORINGは寝ている最中に最適な温度にベッドパッドの温度を絶えず調節し、快適な睡眠をサポートする。

就寝時は肩付近と足を暖かくし、胴体を普通の温度に保つと一番良く眠れるそうだが、そのように温度を調節してくれる。

枕元にコントローラーを置けば温度はすぐに調整もでき、就寝時のリズムに合わせて右半分、左半分で違った温度に調節されるので、パートナーと寝る際もよさそうだ。

・トラッキング機能も搭載!

 

もちろんMOORINGにもトラッキング機能が付いており、「Apple Health kit」や「 Google Fit」との連携もできるので、睡眠のデータがとりやすい点もありがたい。

目覚まし機能が付いており、マットの温度を調整し、ベッドパッド自体が震えて起床を促すという仕組み。これなら一緒に寝る人にも迷惑をかけなさそうだ。

・洗ってもOK!

毎日使うものなので、洗濯をできる限り行いたいが、MOORINGは洗ってもOK!

価格は最も小さなフルサイズで169ドル(約1万8500円)からで、キングサイズは199ドル(約2万1500円)からとなっている。良く眠れない人は試してみてもよさそうだ。

MOORING: Reboots Your Sleep Cycle

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP