ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

糖質制限VSカロリー制限 どちらが酒をたくさん飲めるのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 重い合併症によって最悪の場合死に至る糖尿病。患者は予備群も含めれば日本に2000万人いるといわれる。その予防・治療を巡って目下、最大の注目点となっているのが、食事療法を「カロリー制限」にするか「糖質制限」にするかという論争である。最新の医学的見地から、どちらが良いのか検証した。

●どちらがお金がかからないか

 牛丼やハンバーガーといった安価な外食メニューは総じて糖質量が多い。コンビニの棚を見ても、おにぎりや菓子パンなど糖質だらけ。少しでも糖質制限をやってみるとわかるが、「炭水化物=安い」のである。この比較ではカロリー制限に軍配が上がる。

 ただし、大ブームを受けて最近はコンビニでもロカボ(ローカーボ=糖質制限)のパンなどが売られるようになっており、“求めやすさの不均衡”は解消されつつある。

●既往症を気にすべきなのはどっちか

 3大栄養素をバランスよく摂取するカロリー制限に比べて、糖質制限には取り組むうえで注意点が多い。東海大学名誉教授の大櫛陽一・大櫛医学情報研究所所長が解説する。

「脂質異常症でLDL(悪玉)コレステロールが250を超える人の場合、糖質制限が症状を悪化させる恐れもあります」

 その他、膵炎、肝硬変、腎不全などの疾患がある場合には、糖質の代わりに摂取した肉や魚のたんぱく質を分解する際に腎機能や肝機能の負担が増す恐れもある。

「糖質制限する場合は決して自己流でやらずに医師の管理のもとで行ない、不安があれば医師に相談するべきです」(大櫛氏)

●薬が少なくて済むのはどっちか

 前出の大櫛氏が続ける。

「糖尿病患者でインスリン分泌促進剤や速効性インスリンを服用している人は注意が必要です。低血糖発作を起こさないように医師と相談してください」

 一方で、糖質制限推奨派の江部康二氏(高雄病院理事長)は、「そもそも糖質制限なら薬の量を減らせるケースがある」と説明する。

「糖質を摂って血糖値が上がるから、薬で下げる必要が出てくる。糖質を制限すれば、その必要がなくなるわけです。薬が合っている患者に糖質制限を強要することはありませんが、薬の量を少しずつ減らしながら、徐々に糖質制限食に切り替えるように指導しています」

 カロリー制限の場合、飲んでいる薬に絡んだ懸念要素はあまりない。

●どちらがたくさん酒を飲めるのか

 糖質制限で理想的とされる摂取量は1日130グラム以下、1食あたり20~40グラムとされる。

 ビール1缶(350ミリリットル)で約150キロカロリー、糖質は11グラムほど。焼酎やウィスキーは1杯約150キロカロリーで、糖質は含まれない。

 つまり、カロリー制限する場合は大敵となるが、糖質制限の場合、種類を選べば飲んでもいいということになる。基本的に蒸留酒は糖質ゼロだ。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
糖尿病予防に糖質制限とカロリー制限 どちらが減量できるか
「糖質が少ない食事なら、食べながら脂肪が燃える」と専門医
50代からはカロリー制限ではなく糖質制限がいいと専門家主張

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。