ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

心に余裕がなくなったら、アロマテラピーで癒されて

DATE:
  • ガジェット通信を≫

進学や就職、配置換えや担当の変更など、春は環境の変化が多い季節です。新たな気持ちで頑張れることもありますが、対応できずにストレスになることも。頭や心がいっぱいになってしまったら、アロマテラピーをしてみませんか?

西洋の漢方ともいわれるアロマテラピー

アロマテラピーといえばリラクゼーション効果を思い浮かべると思いますが、ヨーロッパ諸国では古来から医薬品と同じように取り扱われている「西洋の漢方」でもあります。癒しの効果だけではなく、様々な不調に穏やかに作用する香りのサプリメントともいえるのです。その効果はリラックス効果をはじめ、美容効果、健康効果、鎮痛効果まであります。香りを楽しむほか、精油でマッサージすることで保湿や血流改善などの効果を感じることができます。

嗅覚は脳にダイレクトに届く

香りを感じると、その信号は人間の本能を司る大脳辺縁系に伝わります。大脳辺縁系は、人間の記憶と感情、自律神経やホルモン分泌を司っており、ストレスによってその働きが鈍ったり調節がうまくいかなくなります。すると自律神経失調症や自己免疫低下、ストレス障害など心身の不調をきたしてしまうのです。自分が好きな香りを嗅ぐことで大脳辺縁系はリラックスし、不調を取り除いたり免疫機能が向上するといわれています。ストレス障害やうつ病にもアロマテラピーが有効だという研究結果も多くあります。

心地よいと感じる香りを探してみよう

アロマテラピーに使用するのは、皮膚に触れても安心な天然の精油。100均で売られているものや合成のものはオススメできません。単体でも柑橘系やハーブ系、フローラル系、樹木系などたくさんの種類があります。単体でももちろん、これらを組み合わせて自分だけの癒しの香りを探すのもアロマテラピーの楽しみです。精油には香りだけではなく、様々な効果があるので、香りと効果を考えながら探してみましょう。一般的には、鎮静効果や安眠効果があるラベンダー、覚醒効果やリフレッシュ効果があるオレンジなどの柑橘系、虫よけや鼻づまりを改善するペパーミントなどが初心者でも使いやすいかもしれません。

精油はアロマディフューザーなどに垂らして香りを楽しんだり、キャリアオイル(植物油)で薄めてマッサージしたり湿布にして使います。成分にとらわれず、その時心地よいと思った香りを選ぶのが良いようです。

香りを選び、ゆっくりその香りを楽しみながら深呼吸するだけで、心が溶けていくのが感じられるはず。優雅な気持ちにもなれるので、イライラも解消できちゃいますよ。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP