ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本でも始まってほしい…規格外の野菜や果物を割り引いて販売するサービスが世界各地で広がる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数多くの野菜・果物が、鮮度や栄養価、味は十分であるにもかかわらず、大きさ・色・形が規格に適合しないために、商品として一般に流通しないまま、廃棄されてきた。

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、いわゆる規格外青果物の割合は、2011年時点で、食料生産量の2割を占めている。

・通常の3〜5割引きで新鮮な青果物が食べられる

「Imperfect Produce(インパーフェクト・プロデュース)」は、2015年に米カリフォルニア州で創設された、規格外青果物の定期購入サービスである。

野菜コース、果物コース、有機農産物コースといったように、購入したい商品ジャンルとサイズを指定すると、毎週、通常より30〜50%安い価格で、規格外青果物が自宅に届く仕組み。

たとえば、中サイズの野菜コースでは、週あたり14〜16米ドル(約1,540〜1,760円)の利用料で、4〜7種類の野菜が合わせて11〜13ポンド(約5〜5.9キロ)、届けられる。

「Imperfect Produce」は、現在、地元カリフォルニアの農家から直接調達し、2015年末時点で、サンフランシスコやバークレイなど、カリフォルニア州の1,500世帯に、毎週1万ポンド(約4,536キロ)の規格外青果物を提供している。

・規格外青果物の定期購入サービス、世界各地に広がる

規格外青果物に特化した定期購入サービスは、「Imperfect Produce」のほか、米ワシントンD.C.を中心に展開する「Hungry Harvest」や、英レスターの「Wonky Vegetables」、ポルトガルの「Fruta Feia」など、世界各地に広がりはじめている。

このように、規格外野菜と消費者とを積極的につなぐことで、消費者の食に対する意識を変え、より多くの農作物が有効に消費される第一歩となりそうだ。

Imperfect Produce

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP