ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベニチオ・デル・トロが全てを持っていく映画「ボーダーライン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE金曜の番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CINEMA CIRCLE」は、大倉眞一郎と共に毎週テーマを決め、一押しの映画を紹介するコーナー。4月8日のテーマは「サスペンスアクション映画といえば?」でした。

大倉がオススメした映画は4月9日から公開の新作映画「ボーダーライン」。アメリカとメキシコを舞台に、国境を越えた麻薬戦争を描いた作品で、事前に試写会で鑑賞したという板井は「ホラーかと思うくらい怖かった」とコメント。大倉は「息を飲む展開。一度見てもらいたい! 見てもらわないと分からない!」とのこと。何やら気になるコメントですね。

主演のエミリー・ブラントを抑えて、演技を大絶賛されたのが、ベニチオ・デル・トロ。「ベニチオ・デル・トロが全てを持っていく映画」(大倉)とのことで、名演技の予感。また、他のサスペンスアクション映画として、名前があがった名作「ユージュアル・サスペクツ」にも、ベニチオ・デル・トロが出演。「若い頃のデル・トロのかっこよさはヤバイですね〜」(板井)と乙女心をわし掴みにしていました。

ちなみに、J-WAVEのインターネット会員サービス「J-me」の会員限定の試写会では、4月4日に「スポットライト 世紀のスクープ」、4月8日には「グランドフィナーレ」の試写会が行われました。どちらも公開前から話題の映画ですが、こちらの映画については来週のオンエアで話が聞けるようですよ!

【関連サイト】
「J-me CINEMA CIRCLE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/jlc/circle/cinema/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP