ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のファースト・トレーラーが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ウォルト・ディズニーは4月7日(現地時間)、米テレビ局ABCの番組『グッド・モーニング・アメリカ』で、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のファースト・トレーラーを公開した。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』よりも後、そして、シリーズの原点となった1977年の映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』よりも前の出来事を描くこの前日譚は、反乱軍兵士の寄せ集め部隊がデス・スターの設計図を盗み出そうとする物語を追う。

公開されたティザーは、フェリシティ・ジョーンズ演じるジン・アーソが捕らえられ、“盗まれた記録文書の偽造、放火、加重暴行、公務執行妨害” の嫌疑をかけられる場面から始まる。アーソは反乱同盟軍に任務を与えられ、帝国軍の新たな超強力兵器を調査することになる。

リーダーのモン・モスマ(『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場)に、「無謀で、好戦的で、自制心に欠ける」と言われたアーソは、「これは反乱でしょ?私は反抗者よ」と、返す。別の場面では、アーソがストームトルーパーの集団と戦う姿がある。

トレーラーでは、アーソが帝国軍の装備に身を包んだ姿も垣間見れる。

「もし敵に捕まったらどうする?もしお前を殺そうとしたら?もし戦い続けたら、お前はどうなるのか?」と、フォレスト・ウィテカー演じるキャラクターがアーソに問いかける。

ティザーには、帝国軍の司令長官としてベン・メンデルソーンも登場し、ドニー・イェンは、ストームトルーパーの軍隊とブレードで戦闘する。

ギャレス・エドワーズが監督を務めた同作は、その他に、ディエゴ・ルナ、チアン・ウェン、マッツ・ミケルセン、アラン・テュディック、リズ・アーメッドが出演する。ジョン・ノールのアイデアをもとに、クリス・ワイツとゲイリー・ウィッタが脚本を手掛けた。

いくつか計画されたスピンオフシリーズの第1弾となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、12月16日に全世界同時公開となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP