体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「真面目かっ!」あの男が真面目に味噌ラーメンに取り組んだ結果 @『最強ラーメンFes,』

dousan015_R

『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』の第二陣も”最強”の名に恥じない名店が揃っています。正直、東京だか神奈川だかよく分からないローカルな町田市で、こんなラーメンイベントとか有り得ません。

というわけで、“町田の奇跡”と呼べる『最強ラーメンFes,』第二陣のラーメンを紹介してみましょう。

『麺将 武士 もののふ』

dousan003_R

なんか『麺将 武士 もののふ』だと“ライフル銃”みたいな珍語になってしまうので以降は『麺将武士』と表記させて頂きますので、心の中で「もののふ」と読んで下さい。

dousan000_R

はい、というわけで『麺将武士』で御座います。

この店名を聞いて「ああ、またアイツか」と思った人は、かなりの塚田兼司マニアですね。

dousan001_R

あのラーメンに五月蠅い男が、第一陣に送り込んだ『前田慶次朗』といい『麺将武士』といい、そのネーミングに関しては一言申したい筆者ですが、塚田兼司氏のラーメンは嫌いじゃないです。

『道山~信州味噌仕立て~』を食す!

dousan018_R

若干、夜なので写真がイマイチなのは否めませんが、なんかインパクトに欠ける感は否めません。

しかし!

食べれば分かる味の違いよ……。

いや、ぶっちゃけ筆者は“ラーメンの作り方”みたいな本が沢山あるので、この味噌ラーメンには見覚えがあったりしますね。

dousan017_R

なんでしょう?

写真じゃ伝わらないし、コメントにも困る味噌ラーメン、もとい『道山~信州味噌仕立て~』なのですが、味噌ラーメンのド真ん中的な美味しさがありますね。

dousan022_R

ベースとなる豚骨スープも濃度ばかりを追い求めずに、信州の白味噌を生かす方向で作っている予感です。

言うなれば真面目に作った味噌ラーメン的な何かで、優等生過ぎてコメントに困るって奴で御座います。

dousan024_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy