ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

36万色を実現!マルチカラー・材料でオブジェを作れる3Dプリンター「J750」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3DプリンターメーカーのStratasysはこのほど、最新機種「J750」を発表した。最大6種類の材料を同時に使いながらマルチカラーなオブジェをつくれるというもの。

同社は「プロトタイプづくりがワンストップでできる」と高性能さをアピールしている。

・出力後の作業がなくなる!

従来のプリンターでは、単色でオブジェをプリントした後に上から色を塗ったり、さらに別途プリントしたパーツを組み合わせたりするなど、出力後の作業があった。

しかし、J750では出力の段階でマルチカラーに対応する。黒白だけでなくシアンやマゼンダなどを組み合わせることで36万色を実現。かなりカラフルなものをプリントできる。

また、6種類の材料を同時に使えるので、材質が異なるパーツごとにプリントしなくてもよく、作業がかなり簡素化される。

・スムーズな表面

加えて、随所で性能アップが図られている。プリンター内の材料保存スペースを拡大し、補てん回数を減らせるようになったほか、出力速度も向上。

積層厚は0.014ミリと人間の皮膚細胞の半分ほどで、仕上がりはよりスムーズな表面になるという。

J750の価格については明らかになっていないが、製品デザイナーやエンジニアにとってかなり魅力的な選択肢になりそうだ。

Stratasys

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。