ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パスタがないなら”手打ちうどん”を食べたらいいじゃない @『純手打ちうどんタロー庵』町田

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「町田市はいい……町田はいいぞ!」と、いうことで今回も町田を総ざらいする勢いで特集は続きます。ちなみに町田市とは東京都の端っこにある微妙な街で、ヤンチャな若者と郊外の素朴な風景がとても素敵な場所です。

『純手打ちうどんタロー庵』

最近は妙にラーメンの記事が多い筆者ですが、流石にラーメンばかり食べていては飽きるというか、よりラーメンをより美味しく食べるためには、ここらでワンクッション入れた方が良いのではなかろうか?

「純手打ちうどんタロー庵」(以下、タロー庵)

ラーメンに関しては不自由のない町田駅周辺ですが、蕎麦や饂飩となると途端に選択肢が狭くなる予感です。筆者の場合チェーン店という選択肢はほぼほぼないので、ますますラーメン以外の麺類を探すのは困難であります。

しかし!

さらっとネットで探してみたら、意外と町田駅から徒歩圏内に“純手打ちうどん”の店があるではないですか!

コレは個人的にもチェックする必要があるような、ないような気がします。

ほぼほぼ居酒屋『タロー庵』

なにせ“純手打ちうどん”ですから否応無しに筆者の期待は高まります。

ただの“手打ちうどん”と“純手打ちうどん”の差がなんなのか非常に気になるお年頃ですが、恐らく純なので機械を一切使わずに、粉を練る所も手作業で頑張っていると予想されます。

「きっと、かなりのベテランがやっているに違いない!」

そう思っていた時期が筆者にもありました……。

期待に胸を膨らませて『タロー庵』に訪れてみると、店の外のオススメメニューは『季節野菜のジャージャーうどん』など、かなり前衛的なラインナップで御座います。

しかも!

入店してみると店内は、ほぼ居酒屋で店主も“おでん”の仕込みをしていました……。

「おのれ孔明!計ったな!!」

『明太子バターうどん』を所望する!

粋に“ざるうどん”でも頂こうと気持ちを高ぶらせて来た筆者ですが、予想と180度違う展開に発狂で御座います。

いや、筆者が勝手に超本格的な手打ちうどんの店を妄想していただけで、この『タロー庵』に非はないのですが、あえて言おう!

「どこが純手打ちうどんやねん!!!」

筆者のピュアなうどんへの思いは打ち砕かれ、徹底的にディスろうと心に誓った次第です。

というわけで、正気を失った筆者は、なぜか『かけうどん』(500円)や『釜玉うどん』(600円)をスルーして

『明太子バターうどん』(700円)

をオーダーしていまいました。純粋にうどんを愉しもうと思っていたはずなのに、なぜにエキセントリックな『明太子バターうどん』を選んだのでしょうか?

『明太子バターうどん』を食す!

はい、というわけでモチベーションもさして上がらないままに、実食へと移らせて頂きます。もはやレビューする必要があるのか考えてしまう案件ですが、一応は公平にレビューしておきましょう。

「うどんに明太子とバターが乗っています。以上です。」

もう少し細かいディティールを説明しますと、ネギと刻み海苔も入っています。

以上です。

想像通りの味過ぎてコメントに困る件の是非

いや、これは説明しなくても、大抵の日本人なら味の想像が出来ると思われます。強いて言うなら

「うどんにバター」

ってのが目から鱗ですが、他は特に持ち上げる要素もなく、もう終了で良いんじゃないですかねって勢いで御座います。

しかし!

提供された卓上調味料的な何かを活用してみたら、ちょっと味に広がりが出て来ました。

粉チーズはコクとまろやかさが加わり、オリーブオイルは風味を増します。

そうです。もう誰もが分かっているし声を大にして言いたいと思うでの、筆者が替わりに代弁しておきましょう。

「明太子パスタ食べたらええんちゃうんか?」

なお、タバスコはちょっと違うと思ったので試さなかった筆者ですが、1㎜の後悔もありませんでした。

しかし、なんだかんだ文句を言いながらも”手打ちうどん”としては、結構イケてるかもしれないし、この『明太子バターうどん』も食べているうちにハマって来たので、とりあえず美味しいと言っておきましょう。

でも、やはり“おでん”が食べたい衝動は抑えきれません。次は夜に来てみることにします。

ご馳走様でした!

『純手打ちうどんタロー庵』 総評

「正直、うどんよりも“おでん”が気になった」

これが筆者の正直な感想で御座います。朝から仕込んでいる様なので居酒屋として営業する夜であれば、出汁の香る美味しい“おでん”が食べられる予感です。

他にもホッピーではなく『ハッピー』(500円)とか『馬力サワー』(500円)とか前衛的なドリンクが揃っていそうなので、居酒屋的な何かを求めて『タロー庵』に訪れたら幸せになれる予感です。

とりあえず『明太子バターうどん』は美味しかったのですが、あまりに想像通りの味過ぎてモチベーションが上がらない的な罠がありました。

しかも、なんか自分で作れてしまいそうな気がするので、ますますオススメしにくいのは否めません。

しかし!

“明太子&うどん”はメジャーとしても、そこにバターを加える勇気は賞賛に値すると思います。筆者も自分の家で明太子を持て余した時は、讃岐うどんとバターで頂く事にしてみます。

それでは、是非みなさんも『純手打ちうどんタロー庵』の、美味しいであろう”おでん”を食べに訪れてみて下さい。

ちなみに”うどん”も普通に美味しいので、ランチも結構オススメですよ。

『純手打ちうどんタロー庵』

住所:東京都町田市原町田3-8-23

営業時間 18:00~24:00(金土日はランチも営業12:00~14:00)
定休日:火曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP