体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パスタがないなら”手打ちうどん”を食べたらいいじゃない @『純手打ちうどんタロー庵』町田

mentaibater008_R

「町田市はいい……町田はいいぞ!」と、いうことで今回も町田を総ざらいする勢いで特集は続きます。ちなみに町田市とは東京都の端っこにある微妙な街で、ヤンチャな若者と郊外の素朴な風景がとても素敵な場所です。

『純手打ちうどんタロー庵』

mentaibater000_R

最近は妙にラーメンの記事が多い筆者ですが、流石にラーメンばかり食べていては飽きるというか、よりラーメンをより美味しく食べるためには、ここらでワンクッション入れた方が良いのではなかろうか?

「純手打ちうどんタロー庵」(以下、タロー庵)

ラーメンに関しては不自由のない町田駅周辺ですが、蕎麦や饂飩となると途端に選択肢が狭くなる予感です。筆者の場合チェーン店という選択肢はほぼほぼないので、ますますラーメン以外の麺類を探すのは困難であります。

しかし!

さらっとネットで探してみたら、意外と町田駅から徒歩圏内に“純手打ちうどん”の店があるではないですか!

コレは個人的にもチェックする必要があるような、ないような気がします。

ほぼほぼ居酒屋『タロー庵』

mentaibater003_R

なにせ“純手打ちうどん”ですから否応無しに筆者の期待は高まります。

ただの“手打ちうどん”と“純手打ちうどん”の差がなんなのか非常に気になるお年頃ですが、恐らく純なので機械を一切使わずに、粉を練る所も手作業で頑張っていると予想されます。

「きっと、かなりのベテランがやっているに違いない!」

そう思っていた時期が筆者にもありました……。

期待に胸を膨らませて『タロー庵』に訪れてみると、店の外のオススメメニューは『季節野菜のジャージャーうどん』など、かなり前衛的なラインナップで御座います。

mentaibater002_R

しかも!

入店してみると店内は、ほぼ居酒屋で店主も“おでん”の仕込みをしていました……。

「おのれ孔明!計ったな!!」

『明太子バターうどん』を所望する!

mentaibater004_R

粋に“ざるうどん”でも頂こうと気持ちを高ぶらせて来た筆者ですが、予想と180度違う展開に発狂で御座います。

いや、筆者が勝手に超本格的な手打ちうどんの店を妄想していただけで、この『タロー庵』に非はないのですが、あえて言おう!

「どこが純手打ちうどんやねん!!!」

筆者のピュアなうどんへの思いは打ち砕かれ、徹底的にディスろうと心に誓った次第です。

mentaibater005_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会