ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『The BFG(原題)』、新トレーラーで巨人の世界を初公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ウォルト・ディズニーが、映画『The BFG(原題)』の新しいトレーラーを公開した。トレーラーでは、映画のタイトルである”BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)”の巨大な手が、幼い女の子をジャイアント・カントリーに連れ去る様子が収録されている。

トレーラーの冒頭で、新人俳優のルビー・バーンヒル演じるソフィーが、「巨人が来たのは、真夜中だった」と、静かに語る。ルビーは、「どうして私を連れ去ったの?」と、尋ねる。

第88回アカデミー賞で助演男優賞を受賞したマーク・ライランス演じる巨人のBFGは、「なぜなら、私には君の孤独な心が聞こえたからだよ」と、答える。

米ディズニーが7月1日(現地時間)に米劇場公開する同作は、英小説家ロアルド・ダールの人気児童小説の映画版となる。

1982年に発行された小説『オ・ヤサシ巨人 BFG』は、人間の世界を侵略する邪悪な人喰い巨人を捕らえるため、幼い女の子とイングランドの女王、BFGが冒険に出かける物語だ。ビル・ヘイダー演じるブラッドボトラー(原作では「ガキタベ巨人」)と、ジェマイン・クレメント演じるフラッシュランピーター(原作では「マルゴト巨人」)も登場する。

米ディズニーは、映画製作会社のアンブリン・パートナーズ、リライアンス・エンターテイメント、ウォールデン・メディアと共に『The BFG(原題)』に共同出資した。同作は、故メリッサ・マシスンが執筆した脚本をもとにスティーヴン・スピルバーグが監督を務めた。

同作は、英俳優のライランスにとって、スピルバーグ監督の映画『ブリッジ・オブ・スパイ』でロシアのスパイ、ルドルフ・アベル役を演じ第88回アカデミー賞助演男優賞を受賞して以降、最初の映画出演となる。ライランスは昨年、米放送ネットワークPBSのテレビミニシリーズ『ウルフ・ホール』にも出演した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP