ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

価格2万円超の究極トースター 土砂降りのBBQがヒントに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 値札の数字は「2万2900円(税抜き)」。BALMUDA(バルミューダ)製の「The Toaster(ザ・トースター)は究極のトースターとして話題を集め、軒並み数か月の入荷待ち。2015年6月に発売され2か月で初回ロットの2万台が先行予約で完売し、10か月たった今も品薄状態が続く。作家・山下柚実氏が東京都武蔵野市のバルミューダ本社を訪ねて、社長に質問をぶつけた。

 * * *
 オドロキは高価格だけではない。私が興味を惹かれたのは、トースターの上部から小さじ一杯(5cc)の水を注ぐ、という風変わりなシステムだ。給水口に水を入れてパンを焼き始める。するとトースターの内部にモワモワッと煙のような気体が充満する。ヒーターが明るくなったり暗くなったり点滅を繰り返す。こうもせわしなく変化するトースター、見たことがない。

「運転が始まるとまず、注入した水によるスチームが充満してパンの表面を水の膜で覆います。水分は気体より速く加熱されるので、最初に表面だけが焼けるわけです」と企画から製品開発まで手がける寺尾玄社長(42)が解説してくれた。

「だからパンの水分やバター油脂成分、香りが閉じ込められてふわっとします。1秒ごとに温度を測定し、ヒーターを細かく制御して一つ一つ焼き上げていくのは、夏と冬、パンの個数や種類によって全て温度変化が違うからです」

 つまり、従来のトースターとしてはありえないほど緻密な温度コントロールをしなければ美味しいパンは焼けない、というのだ。そのためにコンピュータを使い5つのモードを細かく制御している、と。

「だから2万円台の価格になりました。高級感を狙ったわけではなくて、本当に美味しいパンを焼くことをとことん追求した結果なんです」と寺尾社長。

 では、水を入れて焼く、というアイディアそのものはどこから出てきたのでしょう?

「会社のバーベキュー大会がきっかけでした」と、また規格外の答えが……。バーベキューの炭火で焼いたパンが凄く美味しかったのだという。炭火にヒントがあるのではと実験を繰り返したが、美味しさはなかなか再現できなかった。

「ある時社員が、バーベキューの日は土砂降りだった、と思い出したんです。あっ、火加減以上に水や湿度が関係するのかもしれないと気付き、スチームコントロールの発想につながっていきました」

 だが、トースターの開発を宣言すると、周囲は引いたという。今どき売れるのか、と。いったいなぜ、トースターだったのでしょうか?

「私自身、毎朝パンを食べていて、もっと美味しく焼けないかなと常々思っていたんですよ」と言い、「パンフレットを見て欲しい」と続けた。そこには美味しそうなパンの写真がズラリと並ぶ。

「家電メーカーなのにパンの写真ばかりが目立っていてちょっと変でしょう? そこなんです。今の時代、人は商品・モノを買うことよりも、モノを介して手に入る『体験』そのものを欲しているのではないかと思う。そうだとすれば、心地よい体験を提供する道具を作れば必ずヒットするはず、と考えました。美味しいものを食べる行為ってまさしく、五感の全てを使った最高の『体験』ですからね」

 寺尾社長は同時に、「トースターで勝てる道筋は見えていた」とも。「マーケッターとしての勘が働いたんです。これまで手がけてきた扇風機と似ている、と思ったから」

 ここでバルミューダという会社の足跡を少し説明する必要があるだろう。同社の名が一躍有名になったのは6年ほど前。3万円を超える高価格扇風機「GreenFan」を発売、大ヒットを飛ばしてからだ。自然の風に似た心地よい空気の流れを作り出す省エネ扇風機は市場に革命を起こした。大手から中小まで家電メーカーはこぞって「高級扇風機市場」へとなだれ込んでいった。

 その後、同社は空調家電を中心にラインナップを拡充してきたが、いよいよ次の一手として「渾身の一撃」を繰り出したのだ。それがこの2万円超の「ザ・トースター」だ。

 心地よい「体験」が得られるのであれば、消費者は値段が高くても買ってくれる。「体験」は暮らしを豊かにしてくれるから。バルミューダはその鉱脈を掘り当てた。扇風機やトースターという「使い古された」道具を徹底的に一から問い直すことによって。

  苦しむ日の丸家電に今不足しているのは、こうした根源を問い返す骨太なクリエイティビティかもしれない。あるいは、社員の創造性を実際の製品開発につなげていくしなやかさ、柔らかさ、かもしれない。この先はどうか。

「キッチン家電をさらに展開させていきます。あわせて、次世代の家電についてのアイディアを温めています」

 寺尾社長の言う「次世代」とは何を意味するのか。

「この製品はいわばトースターの中に小さなロボットが入ったようなもの。僕が考える次世代の家電も、そうしたイメージの延長にあります」

 トースターとロボットとの融合。手で水を入れるアナログ動作とアルゴリズム処理との合体。モノの手触り感と人工知能とのコラボレーション。異種の二つをしなやかに組み合わせた時、忘れられていた過去の道具は、豊かな体験を生み出す魔法の箱に変身する。

【PROFILE】山下柚実●やました・ゆみ 五感、身体と社会の関わりをテーマに、取材、執筆。4月に増補文庫版『なぜ関西のローカル大学「近大」が、志願者数日本一になったのか』を刊行。その他、『都市の遺伝子』『客はアートでやって来る』 等、著書多数。江戸川区景観審議会委員。

※SAPIO2016年5月号

【関連記事】
プリンをパンに塗って焼く「プリントースト」の作り方
カレー、プリン、明太子、のりの佃煮…びっくりパンレシピ
パンケーキの次はフレンチトーストとエッグベネディクトか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP