ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1人暮らしの高齢男性 孫より女性いる方が幸福度が高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ベストセラー『下流社会』で知られるマーケティング・アナリストの三浦展氏は、新刊『下流老人と幸福老人』のなかで、「下流老人」の実像を浮かび上がらせた。三浦氏は、三菱総合研究所による最新のシニア調査や自身が所長を務めるカルチャースタディーズ研究所によるアンケート調査などをもとに高齢者の経済状況やライフスタイルを分析した。

 それによると、65歳以上の高齢者の金融資産総額は平均2772万円だが、1億円以上の資産を持つ上位3.3%の高齢者が資産全体の29.7%を保有しており、人口比率で最も多いのは資産「500万~1000万円未満」(15.1%)だ。

 三浦氏はこの金融資産の額をもとに線引きをし、「2000万円以上」を「上流老人」、「500万円未満」を「下流老人」、その中間を「中流老人」に分類している。60代の34.5%が下流老人に該当することが分かった。

 ただし、階層は分かれても、「下流老人」だから不幸、「上流老人」だから幸福とは一概にいえない。シニア調査では「幸せか」の問いに、金融資産200万円未満の「超下流老人」でも半数以上(53.8%)が「幸せ」と回答している。もちろん金融資産が多いほど幸福度は高まるが、その差は小さく、逆に上流老人でも20%以上が「どちらともいえない」「幸せでない」と答えている。

 上流でも不幸に、下流でも幸福だと感じている人にはどんな特徴があるのか。その理由は健康や家族、夫婦関係にあるようだ。

「上流老人の場合、子育てに失敗したとか、夫婦関係が上手くいかないということがあると、俄然不幸を感じる度合いが高まります。学歴もあり、仕事でも成功したけれど、画竜点晴を欠くということなのでしょう。とくに男性の場合、熟年離婚が一番響きます」(三浦氏)

 調査では上流老人のなかで幸せではないという人の30%が「夫婦生活があまりうまくいかなかった」(幸せな人は1.6%)、22.5%が「もっと恋愛をしておけば良かった」(幸せな人は6.5%)と回答している。

 退職金をもらったとたんに妻に離婚届を突きつけられる「熟年離婚」も増えている。厚労省の「人口動態統計」(2013年)によれば、20年以上連れ添った熟年夫婦が離婚した件数は3万8034件にものぼる。

「妻と豪華客船で世界一周するのが老後の夢だったが、仕事を辞めたとたんに離婚届を突きつけられた。身を粉にして働いてきたのに、俺の人生は何だったのか……」(68歳・元会社役員)

 これではいくら金融資産があっても幸せだと感じられるはずもない。しかし一方で、1人暮らしの高齢者でも幸福を感じている人は少なくない。

 ここで大事になるのもやはり「女性」の存在。独身で、かつガールフレンドがいない男性高齢者で幸福だと答えている人は32%しかいないが、ガールフレンドがいる人では58.3%だ。

 意外なのが1人暮らしの男性は「孫がいない」ほうが幸福度が高いという結果。孫がいる男性は幸せと回答したのが37.3%に対して、いない人は43.3%だった。

「1人暮らしの男性はやはり女性がいると幸福度が格段に上がるんです。また、理由は明確ではありませんが、孫がいないほうが幸福度が高い。孫は面倒だしうるさいからいらないけど、ガールフレンドは欲しい。やはり誰かの面倒を見る側ではなく、“してもらう”側になるのを求めているのでしょう」(三浦氏)

 最後に上流、下流に共通して幸福に感じる要素が「友人との余暇を楽しむ」。老後は「資産」より「友人」が多いことが幸せの条件といえるかもしれない。上流でも不幸老人、下流でも幸福老人はいる。カネもなければ友人もいない「下流の不幸老人」だけは、避けたいものだ。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
食・住に困窮する下流老人を取り上げ貧困について考察する本
「上流老人」は草食、「下流老人」は肉食の傾向あり
大病で仕事を辞めると下流老人になるリスクが高くなる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP