ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4・5月は紫外線が多い 帽子や日傘で頭皮と毛髪守る対策を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国的に気温がグンと上がり、気温が20℃以上になる所もちらほら。そんなこの季節、気になるのは紫外線だ。

 1年間を通じて紫外線指数が最も高くなるのは、4月から5月にかけて。4月の紫外線は8月とほぼ同じ強さで、紫外線量は7月より多いのだ。しかも、乾燥で肌が弱ったところへの紫外線は大きな刺激となる。

 紫外線対策はバッチリというあなたも、顔や腕などはケアしているものの、頭皮のことを考えたことはあまりないのでは? 実は体のてっぺんにある頭皮も紫外線をたっぷり浴びている。

 特に、頭皮が露出している髪の分け目やつむじは、紫外線がじかに当たって日焼けしやすいので要注意。日焼けした部分は、髪が生えにくくなってしまうのだ。脇坂クリニックの脇坂長興院長は、紫外線と頭皮の関係をこう説明する。

「紫外線は発毛のタネとなる幹細胞を減らし、髪を再生させなくする可能性があります。また、紫外線によって酸化した頭皮の脂は毛根にも作用し、毛を抜けやすくします」(脇坂さん以下「」内全て同)

 もともと女性ホルモンの関係で、女性でも薄毛は深刻な問題。ただ「このところヘアスタイルが決まらない」なんて悩んでいるならそれは薄くなったつむじのせいなのかも。つむじ近辺の頭皮が透けて見えるようなら、早速ケアを始めよう。その方法は実にシンプル。

「つい忘れがちですが、頭皮は額の延長なので、つむじケアは肌ケアと同じように考えれば大丈夫です。お肌同様、ゴシゴシ洗いすぎないようにしてください。シャンプーの後は、肌に美容液を補うのと同様に、頭皮にスカルプコンディショナーを使いましょう。ヘアコンディショナーは耳から下の部分だけにつければ充分です」

 スカルプコンディショナーをつけたら、指の腹を使って頭皮をマッサージし、しばらく置いてから洗い流す。

「スカルプコンディショナーを使う目的は保湿なので、代わりにオリーブオイルでもかまいません。オリーブオイルの成分は皮脂に近いですから。ただ、肌用の美容液を使うことはあまりおすすめできません。髪がふんわり立ち上がらず、ぺたっとしてしまうからです」

 お手入れ以前に、紫外線を浴びないようにすることも大事。

「帽子や日傘は効果的です。ただ、帽子は蒸れないメッシュや麦わらなどの素材を選んでください。風通しが悪いと、逆効果になることが考えられます」

 さらには、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをサプリメントなどで積極的に摂ること。

「その効果は、爪で確認できます。爪と髪はどちらも、皮膚が変化したもの。爪が強くなった、伸びるのが速くなったと感じたら、それは、同じような変化が髪にも表れている証拠です」

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
冬場の洗髪はコンディショナー量1.5倍にし、力強く洗おう
女性の薄毛 「20代でも育毛剤をおすすめ」と毛髪診断士
【プロ野球コーチの役割】コンディショニングコーチ編

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP