ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“新宿駅新南口ビル”から”ららぽーと”まで、2016年注目の商業施設

DATE:
  • ガジェット通信を≫

洋服から食料品の買いもの、映画館やレストランまでまとめて楽しめる商業施設。2016年も都心から郊外までさまざまな施設がオープンします。そこで今年新しく登場する商業施設のなかから、関東圏にオープンする注目の施設を紹介します。・【NEWoMan(ニュウマン)】 新宿駅新南口/第1期オープン済み、第2期4月15日オープン予定

・【東京ガーデンテラス紀尾井町】 紀尾井町/第1期5月10日、第2期7月オープン予定

・【東急プラザ銀座】 銀座・数寄屋橋交差点/オープン済み

・【SEVENPARK ARIO KASHIWA(セブンパーク アリオ柏)】 千葉県柏市/4月25日オープン予定

・【(仮称)ららぽーと平塚】 神奈川県平塚市/今秋オープン予定

新宿駅新南口ビルがついにオープン、「赤プリ」跡地は7月開業予定

◎NEWoMan(ニュウマン)

オープン予定日:第1期オープン済み(※2016年3月25日)、第2期 2016年4月15日(金)

アクセス:JR新宿駅 新南口直結

所在地:東京都新宿区新宿4-1-6

「ニュウマン」は、JR新宿駅新南口にオープンした「JR新宿ミライナタワー」内6フロアと、新南口駅構内の改札内外に展開。運営は新宿の駅ビルを40年運営するルミネが行います。多くの商業施設が存在する新宿にありながら、約8割のショップが新宿初出店となっている点がポイントです。

また4月4日には、「JR新宿ミライナタワー」に隣接するかたちで「バスタ新宿」と呼ばれる高速バスのターミナルがオープンしました。これまで新宿駅西口付近に分散していた高速バスの乗降場が1カ所に集約され、バスと鉄道の乗り換えの利便性が向上しそうです。

【画像1】メインエントランスイメージ(画像提供/ルミネ)

【画像2】JR 新宿ミライナタワー1F 東側歩道イメージ(画像提供/ルミネ)●詳細はこちら

・「NEWoMan」(ニュウマン)ホームページ

◎東京ガーデンテラス紀尾井町

オープン予定日:第1期 2016年5月10日(火)、第2期 2016年7月

アクセス:東京メトロ永田町駅直結、赤坂見附駅より徒歩1分

住所:東京都千代田区紀尾井町1-2 ほか

グランドプリンスホテル赤坂の跡地にオープンする、「東京ガーデンテラス紀尾井町」。オフィス・ホテル・商業施設・貸し会議室を備える「紀尾井タワー」、賃貸住宅「紀尾井レジデンス」という2棟のタワーを中心に構成されます。

そのなかの商業施設「紀尾井テラス」は、紀尾井タワーの1階から4階に位置します。国内外からの来訪に加え、官公庁や、数多くの企業が集まる紀尾井町という立地から、接待や記念日利用を意識した飲食店、パーティーも対応できる大型レストランの出店が予定されています。

【画像3】紀尾井テラス外観(画像提供/西武プロパティーズ)

【画像4】店舗イメージ(画像提供/西武プロパティーズ)●詳細はこちら

・「東京ガーデンテラス紀尾井町」ホームページ

◎東急プラザ銀座

オープン予定日:オープン済み(2016年3月31日)

アクセス:東京メトロ 銀座駅徒歩1分、日比谷駅から徒歩2分、有楽町駅から徒歩2分。JR有楽町駅から徒歩4分

住所:東京都中央区銀座5-2-1

銀座・数寄屋橋交差点にオープンした「東急プラザ銀座」は、店舗部分全13フロアにアパレル、雑貨、飲食店など120店舗が出店。一風変わった外観は江戸切子がモチーフ。6階には大きな吹抜けの空間にカフェが併設されたパブリックスペースがあり、ガラス越しに銀座の景色を楽しめるほか、文化・情報発信イベントが定期開催される予定になっています。

【画像5】施設外観(画像提供/東急不動産)

【画像6】6階のパブリックスペース「KIRIKO LOUNGE」(画像提供/東急不動産)●詳細はこちら

・「東急プラザ銀座」ホームページ

柏にセブン&アイの新形態、平塚にららぽーとが登場

◎「SEVENPARK ARIO KASHIWA」(セブンパーク アリオ柏)

オープン予定日:2016年4月25日(月)

アクセス:JR我孫子駅北口から無料シャトルバスで約20分、JR常磐線、東武アーバンパークライン「柏」駅から

東武バスで約17分

住所:千葉県柏市大島田 950-1

セブン&アイ・ホールディングスが4月にオープンする新形態の複合商業施設「セブンパーク アリオ柏」は、”こころ遊ぶところ”をコンセプトに、同社最大の13万m2の敷地に約200のテナントが出店。物販や飲食のショップに加えて、約4000坪の大型公園が設置されているのが特徴。約3000人規模の野外コンサートができる屋根付きステージがあるほか、バーベキューもできる空間になっています。

【画像7】左:施設外観。右:大型公園「スマイル・パーク」の全景(画像提供/セブン&アイ・ホールディングス)●詳細はこちら

・「セブンパーク アリオ柏」ホームページ

◎(仮称)ららぽーと平塚

オープン予定時期:2016年秋

アクセス:JR平塚駅 徒歩12分

住所:神奈川県平塚市天沼700-17ほか

「(仮称)ららぽーと平塚」は、国道1号・129号などの幹線道路に近く、平塚市役所、平塚市中央図書館、平塚市美術館など公共施設が多数あり、多くの人が集う街の中核エリアに立地します。8万m2の敷地に約240店舗の出店、約3500台分の駐車場を予定。神奈川県内では、横浜、海老名に続く3つ目のららぽーとです。

【画像8】「(仮称)ららぽーと平塚」建物全体イメージ(画像提供/三井不動産)●詳細はこちら

・「(仮称)ららぽーと平塚」ニュースリリース

商業施設はいろいろなお店を見ながら、時間を過ごすだけで楽しいもの。いつもお出かけする場所に新しい商業施設がオープンすると、週末の過ごし方も変わることでしょう。

店舗の詳細が発表されていない施設も、オープン日が近づくにつれて順次詳細が発表されていくはずです。気になる商業施設がある人は、ワクワクしながら最新情報が出るのを楽しみに待ちましょう。
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/04/109055_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

「赤プリ」解体から3年。クリスマスの定番だった跡地はいま
29日オープン! 「ららぽーと海老名」の気になる中身をチェック
10日開業 「ららぽーと富士見」の見どころをチェック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP