ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

南米のパーリーピーポーから爆発的人気!「レゲトン音楽」の魅力とオススメの曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中にはポップ、ロック、R&B、ラテンなど様々な音楽ジャンルがありますが、皆さんレゲトン音楽というものを知っていますか?

主に中南米で人気がある音楽ですが、スペイン語圏や欧米でも徐々に人気が高まっている今話題の音楽ジャンルなんです!

明るくてノリが良いリズムとテンポ。PVも最高にカッコいいそのレゲトン音楽の魅力と、おすすめの曲をご紹介します。

 

レゲトンって何?

photo by photo-ac

レゲトン(Reggaeton)は、80年代から90年代にアメリカ合衆国のヒップホップの影響を受けたプエルトリコ人によって生み出された音楽です。

スペイン語のレゲエとプエルトリコの音楽(サルサやボンバとプレーナ)をミックスした曲調になっており、とてもノリが良いので中南米のクラブなどでよく使われています。

 

現在ではスペイン語圏の国だけではなく、日本でも徐々に人気が出始めているとか。

歌詞はスペイン語ですがテンポとリズムが抜群に良いのでスペイン語が分からなくても十分楽しむことが出来ます!

 

レゲトン音楽の魅力①現地の人と仲良くなれる

photo by pixabay

リアルタイムに人気がある音楽を知っておくことで会話が弾み、現地の人と仲良くなれるチャンスが生まれます。

音楽は世界共通のものなので、この歌詞ってどんな意味なの?この曲の踊り方教えて!など気軽に話しかけやすい話題ですよね!

 

レゲトン音楽の魅力②ドライブでノリノリになれる

photo by photo-ac

もし南米に行く予定がない人でも非常にノリが良い曲なのでドライブの時に役立つこと間違い無し。

これからの季節、特にドライブをする機会が増えると思いますが是非その時にレゲトン音楽で盛り上がっちゃってください!

 

レゲトン音楽の魅力③スペイン語の勉強になる

photo by photo-ac

英語と同じように音楽を使った勉強法はとても有効です。

リスニングと同時にリーディングも鍛えることが出来る上、単語や表現方法なども学ぶことが可能です。

大学でスペイン語を選択している方、南米に行くために勉強されている方、なんとなくスペイン語の響きが好きという方、レゲトン音楽でスペイン語を勉強するのも一つの手ですよ!

 

Limbo  (Daddy Yankee)

 

Daddy Yankeeはレゲトンの先駆者とも言える最も人気で有名なレゲトンミュージシャン。

その中でもLimboはYouTube再生回数が1番多い人気曲。PVも異国情緒がありカッコイイ仕上がりになっています。

Sígueme y Te Sigo  (Daddy Yankee)

Lovumba  (Daddy Yankee)

 

 

こちらもDaddyYankeeの人気曲。PVではダンサーのパフォーマンスがとてもカッコイイです!

比較的ゆっくりした曲調なのでレゲトン初心者の方でも馴染みやすいかと思います。

 

More Than Friends  (Inna feat. Daddy Yankee)

海のPVを見ると、旅したくなるのは私だけでしょうか?

この曲はDaddyYankeeとInnaという女性アーティストのコラボ曲です。女性ボーカルがメインなのでレゲトン音楽が新鮮に聞こえます。

とてもノリノリになれる曲なのでオススメの1曲。旅の移動中に最適です!

 

Danza Kuduro ft. Lucenzo  (Don Omar)

こちらのアーティストもレゲトン界では有名な1人で多くの人気曲を出しています。DaddyYankeeよりもラテン調が強めです。

この曲はスペイン語とポルトガル語がミックスされているそうです。

南米のクラブではもちろん、日本でもたまにかかっていることがあるそうなので聴いたことがある人もいるかもしれません。

 

Perdido en tus ojos  (Don Omar)

 

この曲はガラッとレゲトン音楽のイメージが変わります!奥深いというか、哀愁漂うような感じです。

歌詞を調べてみたところ、片思いをしている男性の気持ちを歌った曲のようです。切ない感じが曲調に現れていますね。

 

Taboo  (Don Omar)

 

 Don Omarの曲の中でもかなり人気の曲でYouTubeの検索でも上位に出てきます。なんとなく聴いた事あるかも?という人もいるかもしれません。

PVのダンスを見るとリオデジャネイロカーニバルのような南米の明るい雰囲気が伝わってきますね!

 

Moviendo Caderas ft. Daddy Yankee  (Yandel)

プエルトリコ出身のYandel。1998年からはWisin&Yandelというユニットを結成して活動しています。この曲はDaddyYankeeとのコラボ曲。

とてもテンポが良くノリがいい曲なので現地の人からもとても人気があります。ダンスがめちゃくちゃカッコイイので是非PVを見ていただきたいです!

 

Hasta Abajo  (Yandel)

タイトルの意味は「すべて下へ」という意味。PVの中でガッツポーズをするシーンがありますが、タイトルを意識したダンスのようです。

映画のようなPVなので、見ごたえがあります。

 

Follow The Leader ft. Jennifer Lopez  (Wisin&Yandel)

この曲は私がレゲトン音楽を知るきっかけになった曲です。

力強いラップとハスキーボイスの女性がとてもカッコよく、つい踊りだしたくなるようなテンポで歌われています。PVで出てくる街並みも旅心をくすぐるような場所ですよね!

 

Déjate Amar  (Yandel)

ハイテンポな曲とは打って変わってゆっくりとしたテンポのレゲトンです。ちょっと旅に疲れた時や気分が優れない時なんかに聴くのは如何でしょう?

amarはスペイン語で「愛する」という意味。このタイトルからもラブソングだということが分かりますね。

 

wakawaka  (Shakira)

この曲は聴いたことがある人もいるかもしれません。2010年のFIFAW杯のテーマソングに使われました。

元々は軍人が行進の時に励ましあって歌っていたそう。とてもポジティブな歌詞で聴いていると元気が出ます。

wakawakaというのはスワヒリ語で「行け行け」という意味だそうです。

 

Hips Don’t Lie  (Shakira)

この曲はShakiraの代表曲で世界的なヒット曲となりました。独特の曲調とShakiraの魅力的なダンスが印象的です。Shakiraのダンスがかっこよすぎます!

 

Noche De Estrellas (Jose De Rico & Henry Mendez feat. Jay Santos)

こちらの曲も中南米のクラブでよく流れているそうです。

サビの部分は同じ歌詞が使われていて覚えやすいので現地の人と一緒に歌ってみるのも楽しいかもしれません!

まだ日本ではあまり知られていないですが欧米ではすでに人気があるアーティストです。

 

まとめ

レゲトン音楽って何?という方もいるかと思いますが、徐々に人気が出てきているトレンディーな音楽なので是非あなたのミュージックリストにレゲトン音楽を加えてみて下さい!

ノリノリ音楽で旅の移動をもっと楽しくしましょう!

関連記事リンク(外部サイト)

【2/16 深夜1時開始】モンスターフェス「トゥモローランド」の2014年チケットが発売するぞ!
【7月開催!】日本各地で開催される最高に盛り上がる音楽フェス6選
思いっきり夜遊びしたい人必見!眠らない街バンコクで超人気のクラブ5選
まだ間に合う!本格的に楽しめる関西の夏フェス5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP