ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲスの極みすぎる奇祭・スペインの「トマティーナ」を誰よりも楽しむ5ステップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペインのトマト祭り「トマティーナ」を皆さんご存知でしょうか?

以前テレビ番組の『世界の果てまでイッテQ』にあるコーナーで、宮川大輔さんがトマティーナに参戦し、トマトを投げ合うその衝撃的な映像によって話題になりました。

私も昨年のトマティーナに参戦してきたのですが、早くから準備を進めていたので、旅の中でもダントツに楽しむことができました。

今回はトマティーナを10倍楽しむために必要な準備をお伝えしたいと思います。

 

1.スタートダッシュが肝。チケット販売は4月!

トマティーナのチケット販売は毎年4月中旬~下旬です。

日本発着のツアーもあるのですが、極力安く祭りに参加するために、また、日本国外から自力で乗り込んで参加するために、売り切れる前に祭りの参加権を手に入れましょう。

 

世界一周中の皆さん。行けるかどうか分からないからな…なんて迷っているアナタ!

買ってしまえば行くっきゃない!予定は未定かもしれませんが、逆に先に予定を決めてしまえば、夏までの旅のモチベーションになることは間違いありません。

トマティーナ公式ホームページ→こちらから

 

2.宿を確保。おススメはシェアルーム

チケットを手に入れたからといって安心してはいけません。

トマティーナに参戦するために世界中から人々が押し寄せます。そのため、この期間の宿泊施設はどこも満員になります。

ホテルやバッパーも、通常の価格よりぐんと値上がりしてしまうので、節約旅行をしている旅人には全然優しくないです。涙ちょちょぎれます。

 

そこでおススメなのは、会場から少し離れた街のシェアルームを部屋ごと借りること。そして数人のチームを作って参戦すること!

皆でシェア飯して、お酒を飲んで…祭り以外の時間も、最高に楽しくすごせます。

普段おひとりさまで何でも出来ちゃう私でさえ、この祭りはチーム参加してナンボだと思うので、部屋を押さえて一緒に参加する仲間を集めましょう。

 

3.飛行機や列車などの交通手段を確保せよ。

次に必要なのは、スペインに乗り込むための交通手段を押さえることです。直前だと満席になって乗り込めなくない!なんて問題も起こりえます。

現在旅している人からしたら、どこの国を出てスペインへ渡るかなんて、今の時期には決まっていない人のほうが多いと思います。

 

ただトマト祭りに関しては、ざっくりとでも良いので、これから夏までのプランの見通しをたてて、なるべく安く飛行機のチケットを手に入れましょう。

勿論旅の予定なんて、明日変わってもおかしくないものだと知っています。

低予算で確実に乗り込むためにも、いくつか候補をたてて交通リサーチをしておくとスムーズです。

 

4.一緒に参加する仲間を集めよう

何度もいいますが、祭りを楽しむための1番の鍵は『仲間』です。

私は学生時代の後輩に誘われて参加することを決め、その後、私は旅している間に声をかけ、チームを作りました。

その中南米で出会った仲間と元気にスペインで再会したときは、なんとも言えない感情が溢れてきました。

嬉しさと、お互いが無事である安堵が入り混じり、心の距離もぐーんと近くなれた気がします。

 

祭りが終わって各々の旅に戻った後も、すぐ別の街で再会した私たちですが、この関係性は祭りに一緒に参加したことで得られた財産なのです。

 

5.祭りに参加する皆さんに心得てほしいこと

先にも少し述べましたが、世界中から人が集うトマティーナには日本人も多く参戦しています。

私自身、この祭りに参加してとてつもなく大満足で、思い出深いのですが、残念に思ったこともあります。

 

その1つとして、祭り後の会場やその周辺に、ゴミや着ていたであろうトマトまみれの洋服がそこらじゅうに放置されていたことです。

その中に日本人が着ていたであろうものも、見かけました。

私は祭りやイベントの空間が大好きで、そういう空間を創る立場を経験したこともあるので、その景色を見て我に帰りました。

 

家の前で行うカオスなこのお祭りが70年もの長い歴史を刻んでこれたのは、ホースや水を使って参加者のケアをしてくださる協賛や地域の理解があってこそ。

日本人に大人気のトマティーナですが、伝統あるスペインの祭りを、この先も世界中の人々に愛され継続できるように、日本代表としてマナーを守って楽しんでいければ、と思っています。

all photo by peco

 

まとめ

祭りは仲間とともに騒いでナンボ!

特にヨーロッパのお祭りは、盛り上がり具合もクレイジー具合も最上級です。

トマティーナには毎年多くの日本人が参戦しているので、スペイン語や英語に自信が無くて1人で参加しても問題ありません。

が、誰かと楽しむことを共有するって、その分得られるエネルギーが多いんです。今年のトマティーナ、参加してみてはいかがでしょうか?

関連記事リンク(外部サイト)

【これが海外の本気!】ド派手でナンボ!世界三大カーニバル
鉄鋼の町からアートの街へ!現代建築の宝庫ビルバオの驚愕建築・アート10選
【世界の奇祭】人もチーズも転がりまくるイギリスのクレイジーなお祭り
カラフルな傘祭りで世界的に注目!ポルトガルの魅力を凝縮紹介

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP