ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

cinema staff、5thアルバム「eve」詳細発表 全編通じて“何かの予感/胸騒ぎ”がするような作品に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

約1年振りの5枚目のフルアルバム「eve」を5月18日に発売するcinema staff。リリースに向けて新たなアーティスト写真、アルバムジャケット写真、収録楽曲が公開された。

「eve」にはNHK岐阜放送局 岐阜発地域ドラマ「ガッタン ガッタンそれでもゴー」主題歌曲「YOUR SONG」、テレビ東京系アニメ「遊☆戯☆王ARC-V」オープニングテーマ曲「切り札」、cinema staffが高校生の頃に書いたという原点でもあり、ファンにとっても大切な1曲「AIMAI VISION」、先日レギュラーラジオで初解禁され大きな話題を集めている新曲「希望の残骸」を含む全13曲が収録される。

ソングライター 三島想平 コメント
今作に付けられた「eve」というタイトルは、制作の大部分が千歳船橋「eve studio」で行われたことにも由来しますが、全編通じて「何かの予感/胸騒ぎ」がするような作品に出来たということが1番の理由です。
バンドのキャリアも長くなり、継続の難しさを感じていると共に、バンドで音を出すこと、ひいては音楽の奥深さも常々実感しています。
新しい質感の音を、メンバーの中で完全に共有したり納得した上でチャレンジするということは凄くパワーがいることです。
その力のままに、ただひたすらに新しい、重くて頑丈な扉を開こうともがいた今回の制作でしたが、この経験は、自分がいかに「音楽が好きなままのキッズでありながら大人になっていきたいのか」という自問にそのままなりました。

問いに答えを出すためにたくさんの物語を描きました。
そこには色々な種類の「変わっていく人」「気づいていく人」が登場します。
前々作「DB2G」や前作「青写真」と比較すると、自分の感じたままをナチュラルに表現するというよりは、ストーリーの登場人物の力を借りて、僕やメンバーの中にある感覚を代弁してもらっています。

問いにまだ明確な答えが出ているわけではありません。ただ、僕らは変わり始めています。
今作を聴いてくださった方が「変わっていくこと」に対しての面白さや、文化祭や運動会、修学旅行の前日に感じる「あの不思議な感覚」を抱いてくれたらいいな、と切に願います。

リリース情報

アルバム「eve」
2016年5月18日(水)発売
初回限定盤 PCCA.04380 3,600円+税
通常盤 PCCA.04381 2,600円+税
収録楽曲
1. eve
2. 希望の残骸
3. エイプリルフール
4. lost/stand/alone
5. 切り札
6. somehow
7. crysis maniac
8. person on the planet
9. 境界線
10. deadman
11. AIMAI VISION
12. YOUR SONG
13. overground

関連リンク

cinema staff オフィシャルサイトhttp://www.cinemastaff.net/
cinema staff オフィシャルYouTubehttp://www.youtube.com/user/cinemastaffchannel
cinema staff オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/cinemastaffofficial
■cinema staff オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/cinemastaff_

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP