体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野菜のプロが教える根菜・葉物のいちばん美味しい食べ方!

先日“クレソンブーム”についての記事を書く際に【しゃぶしゃぶ温野菜】さんに、大変お世話になった。快くクレソンについての取材に応じていただき、さらに「よかったら新メニュー試されませんか?」と『ごちそうクレソン鍋』と『トマトと黒毛和牛のすき焼きセット』を試食させていただくことに。

 

この棚から牡丹餅のような展開に、狂喜乱舞の編集部。新メニューを試食しつつ、ここぞとばかり野菜のプロに“春野菜の美味しい食べ方”を教えてもらいました!

温野菜は、肉より野菜が主役の店

『しゃぶしゃぶ温野菜』の野菜への拘り具合は凄い。肉の食べ放題だけを目的に行くのはナンセンス。それでは本当に、もったいないのだ。

そもそも“いろいろな国産野菜を気軽にたべられるお店”がコンセプト。あまり他店ではお目にかからない珍しい野菜が『しゃぶしゃぶ温野菜』には数種類もある。

その一つが『赤軸水菜』だ。

理想の野菜がなければ、育てよう!

茎の部分が紫色の“赤軸水菜”。実は『しゃぶしゃぶ温野菜』の料理長。森安氏が“種から見つけてきた野菜”。シャッキリとした歯ごたえがあり“水菜なのに味がある”のが特徴だ。

一部の限られた農家で育てられており、今では、ベジタブル感度の高い主婦などにも人気の赤軸水菜だが、温野菜の料理長が見つけたときは、まだ、あまり知られていない種の状態だった。「何これ?美味しいの?育ててみる?」から始まったそうだ。

野菜嫌いの人にこそ、食べてほしい

『しゃぶしゃぶ温野菜』では “主役にも脇役にもなれる野菜”を365日探し続けている。今年で3年目になる春の大好評企画『ごちそうクレソン鍋』も、そんなポリシーから生まれた。

温野菜で提供するクレソンは、酒の仕込み水にも使用される鬼怒川の伏流水で、土耕栽培される。3月から5月の今が、香りや味わいが濃く一番しゃぶしゃぶに適している季節なのだそうだ。

脇役どころかステーキの添え物でしかなかったクレソンが、鍋料理において主役になれるほどの潜在能力があると気がついたのは、例の赤軸水菜を種から見つけてきた森安料理長だ。

野菜とお肉を美味しく食べるポイント

『しゃぶしゃぶ温野菜』では野菜を、生(ナマ)で・肉で捲いて・煮て食べてと3つの方法で楽しめる。まさに、しゃぶしゃぶは野菜を愉しむためのフルコースなのだ。そこで、最高に美味しい野菜の食べ方を教わった!


【生で味わう】梅のソースが添えられており、つければ尚、美味しい!


【煮る】クレソンは、さらりと湯がくと、辛みが消えて優しい味になります。


【巻く】捲いて食べると…クレソンがお肉をひきたてること!


クレソンは、煮た時間によって味が七変化。独特のエグみが好きな人は、長い時間煮込むと大人ほろ苦い味がする気がします!

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。