体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶景×ワイン!ハンガリーの絶景ワイナリーダイニング厳選トップ2

Compathy Magazineライターの、毎月世界を旅しているKANAです。

どこまでもどこまでも、見渡す限りに広がる豊かな葡萄畑の大自然。片手には、香り高いこくのある極上のワイン…。

絶景とワイン。自然に惹かれ、毎日夕方になるとワインを欲するほどワイン好きな私からすると、たまらない組み合わせ。 ワイン好きな皆さんも、同じような嗜好の方は多いのではないでしょうか?

DSC08073
ワインと自然が好きなので、最近では世界のワイナリー巡りにはまりつつありますが、先日訪れた世界でも有数のワイン国家であるハンガリーで、最上級のワイナリーダイニングに出会ってしまいました。

それでは、到着するなり一瞬で心がときめいた、極上のワインと美食、そして絶景が楽しめる2つのワイナリーダイニングをご紹介します。

(1)ユーモア溢れるおじいちゃんのかわいいホテル付ワイナリー「Liszkay」

DSC08096
Liszkayは、首都ブダペストから2時間程の郊外Monoszlóにぽつんと佇むワイナリーダイニング&ホテル。優雅なテラス付ダイニングと、メルヘンなかわいいお部屋とスパ付ホテルが併設している知る人ぞ知る隠れ穴場ワイナリーです。

満面の笑みで出迎えてくれ、終始ジョークでゲストを和ませるオーナーのマイケルさん。彼は当初、ワイナリーを始める気はさらさらなかったそうです。ハンガリーの大学でホテルマネジメントを専攻し卒業後、レストランを3つ経営。順調でしたが、ある日全てを売り払い、家族でカナダに引っ越しました。

その後またハンガリーへと戻り、 プライベートのために土地を購入。ある日、その土地がワイン作りに最適な土地と知り、そこで初めてワイナリーを経営することを思い立ち、さっそく行動に移しました。
DSC08012
やっていくうちに、「ワイナリーでおいしいワインをたくさん飲んだら車で帰れないじゃないか!」と気づき、ホテルも建設。 さらに「ワインにあわせておいしいハンガリーの食事も楽しんでもらえたらもっと最高!」とレストランも始めたマイケルさん。異端の経歴の持ち主ですね。

そんなパワフルな運と行動力を併せ持つ彼は、ピアニストという意外な一面を持ち、生演奏を披露してくれることも。心温まるアットホームで、なんだか友達の家に招かれたような気分になります。

DSC08092

優雅なテラスの奥に広がる景色を堪能しながら、オープンキッチンでシェフが作る、野生の動物のパテやジビエのグリルと合わせて、マイケルさんの愛情こもったワインを一本ずつ味わう…。葡萄畑の大自然に囲まれたプチホテルワイナリー。一週間ほどこもりたくなりました…!

(2)絶景テラスでワインを堪能!「Marga bistro csopak」

DSC08214
もう一軒は、夏期は大人気で予約必須だという郊外チョパックに佇む「Marga bistro csopak」。広大な葡萄畑を抜けて辿り着いた先に見えてきたのは、これまた絶景付きテラスを持つワイナリーダイニング。こちらのワイナリーは畑一つ一つに名前がついており、ワインのラベル名は畑の名前となっています。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会