体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニーファンは必ず行くべき!ピクサー展の潜入レポート!

ピクサー展

2005年にアメリカのニューヨーク近代美術館で開催以来、約10年世界を巡回。

今回はピクサー・アニメーション・スタジオの設立30周年を迎えるにあたって、新たな作品を加えて日本に上陸しました。展示されているアートワークはなんと約500点!

3月12日公開の「アーロと少年」も含まれています。

今回、じゃらん編集部の中でも特にキャラクター好きな私、二宮がピクサー展のプレスツアー(3月開催済)に参加してきました!

撮影監督&キュレーターが直接説明してくれた!

ピクサー展

3月に行われたプレスツアーではピクサー展キュレーターのエリース・クレイドマン、撮影監督のシャロン・キャラハンが直接説明をしてくれました。(感激!)

ピクサー展 ピクサー展

イントロダクションのコーナー(一番最初のエリア)はピクサーの30年に渡る歴史が書かれた年表がありました。

見たことのあるキャラクターがちらほら。

ピクサー展 ピクサー展

そこから通路に出るとバズのイラストが至るところに!(大興奮!)

ピクサー展

みんな大好き「トイ・ストーリー」!

展示エリアの初めに現れたのは「トイ・ストーリー」シリーズ。トイストーリーファンとしてはテンションがあがらないはずがない。手描きのドローイングやパステル画、デジタルペインティング、模型などを「ストーリー」「キャラクター」「世界観」とテーマを設けて紹介。普段みられないものがたくさん展示されています。

ピクサー展 上) ジェイソン・カッツ《ストーリーボード:ピザプラネット》 下)ボブ・ポーリー《エイリアンのモデルパケット》 ピクサー展 ケント・メルトン《エドナ・モード(通称「E」) ピクサー展
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。