体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お祭り専門ライターが絶賛!天国と地獄が一緒にくる!?「塩船観音つつじまつり」

塩船観音つつじまつり

お祭り好きが高じて、脱サラし

オマツリジャパン」という会社を立ち上げてしまったくらいの

お祭り好きライターゆうこです。

お祭り大好きなので、全国津々浦々

昨年も様々なお祭りにいったんですが、その中でも特によかった

「ぜひぜひ、みんなに行ってほしい!!」と熱く語りたいお祭りを今回ご紹介します。

イチオシ「塩船観音つつじまつり」

昨年行った中でとにかく思いのほかよかったのが「塩船観音つつじまつり」です。

その名の通り、美しいつつじに囲まれ心癒される…のはもちろん、実はなんと

焼けた木の上を素足で歩く、「火渡り荒行」

が同時に楽しめるという

なんとも盛り沢山なお祭りなのです。

絶景!約2万本のつつじ

塩船観音つつじまつり

ゴールデンウィーク真っ只中、東京都青梅市「塩船観音寺」

都心から電車、バス、徒歩で約1時間半・・・やっと現れた「塩船観音寺」。

入山してしばらくするといきなり現れるつつじの大パノラマに、

「圧巻」の一言!

これ全部つつじです!

ここは花のお寺としても有名で、季節ごとに紫陽花、彼岸花と見頃の花は変わっていきますが、ゴールデンウィークはつつじが咲き誇ります。

その数、なんと15種類約20,000本!

「つつじ?庭とかにあるピンクと白の地味な花でしょ??」と思ったあなた。

まだ本当のつつじの姿を知らないのです。

ここに来れば必ずつつじへの見方が変わります!塩船観音つつじまつり一面に広がる圧巻のつつじ

白やピンクだけではなく、朱色や紫もあり、目にも鮮やかなつつじに360度包まれた経験はありますでしょうか。いや、ほとんどの人がないはず。

すり鉢状になった斜面一面に咲き誇るカラフルなつつじは、境内のどこから写真を撮っても絵になる、奇跡の撮影スポットです。

斜面には遊歩道が張り巡らされていて、つつじの間を縫って頂上にいる観音様の元まで行くことができます。お花の迷路に迷い込んでみてくださいね!塩船観音つつじまつりつつじに囲まれる姿はとってもフォトジェニック

同時開催!火渡り荒行とは?

美しいつつじに囲まれてまったりしていたら…

突然中央の広場で何かが燃やされ始めました。

火渡り荒行

行ってみると、なんとつつじとは関係なく、火が燃えているではありませんか!

聞くところによると、つつじ祭りと同時に「火渡り荒行」も行われるそうなのです。

「火渡り荒行」とは、山伏たちの修行の一つで、焼けた木の上を歩くことで心の迷いを焼き尽くすとされる、塩原観音例大祭で行われる行事のこと。

「こわい・・・」と思いつつ、一般の方も参加可能と聞き、せっかくなので私も火渡り荒行に参加してきました!

火の中を歩いてみた!

塩船観音つつじまつり
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。