ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銃撃・窃盗・暴行などの犯罪多発地域を避けながらルート検索ができるアプリ「RedZone」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

RedZone殺人や傷害事件、強盗などのニュースが流れない日はない。もし事件発生現場が自身の行動エリア内であれば、なるべくそうしたところを通るのは避けたい。

そんなニーズに応えるiOSアプリがこのほどリリースされた。犯罪スポットを特定し、かつ目的地までの安全ルートを検索できる「RedZone」。事件の多い米国とイスラエルで展開されている。

・犯罪の種類で色分け

RedZoneのマップには、当局などの発表を基に、いつどんな犯罪があったのかがリアルタイムに表示される。

犯罪のあった箇所にピンが立ち、「銃撃」「窃盗」「暴行」といった種類別にピンが色分けされる。そしてピンが多いほど「要注意エリア」となる。

RedZone2・安全ルートの確保に

同様のアプリとしては「Crime Reports」「Crime Map」などがあるが、RedZoneでは犯罪多発地域を避けながら目的地までの安全ルートを検索することができる。

情報が入りやすい自宅の近所ならいざ知らず、馴染みのない土地ではこうしたツールはかなり貴重だろう。

RedZoneは現在、米国とイスラエルでのみ利用可能で、今後は他国での展開も計画しているとのこと。

日本も対象となるかは不明だが、さしあたっては前述の2国に旅行する予定がある人は、身の安全確保のために利用しない手はなさそうだ。

ダウンロードは無料となっている。

RedZone

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。