ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライアン・レイノルズ、米ソニー・ピクチャーズの映画『The Rosie Project(原題)』に出演か

DATE:
  • ガジェット通信を≫


本誌ヴァラエティは、ライアン・レイノルズが米ソニー・ピクチャーズ傘下にあるトライスター・ピクチャーズの映画『The Rosie Project(原題)』に出演するための初期の交渉段階にあるという情報を掴んだ。

スコット・ノイスタッターとマイケル・H・ウェバーは、グラム・シムシオン著作の同名の小説を基に脚本を執筆する。社交性に乏しい遺伝子学の教授が理想のパートナーを探すために科学的根拠に基づいた方法を思いつくが、パートナーに求める条件とは正反対のタイプの女性、ロージー・ジャーマンと出会うことで彼の計画は違う方向へと進んでいく……というのが大まかなストーリーだ。

マシュー・トルマックとマイケル・コスティガンは、プロデュースを担当する。

当初、同プロジェクトはジェニファー・ローレンスが出演し、リチャード・リンクレイターが監督を務めることになっていたが、その後ローレンスはダーレン・アロノフスキー監督の新作映画に出演が決まり、ローレンス、リンクレイター共にプロジェクトを降板した。

レイノルズは、最近R指定映画の歴代最高興行総収入を記録したマーベルのコミック原作映画『デッドプール』に出演している。彼は今後、アクション・コメディ映画『The Hitman’s Bodyguard(原題)』、ソニーのSF映画『Life』に出演する。

レイノルズは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテインメント)と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP