ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋ジョージが「年2枚の写真」で娘と面会の条件のんだ理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 泥沼化した離婚裁判から一転、離婚が成立した高橋ジョージ(57才)と三船美佳(33才)。3月31日に三船が開いた記者会見では、高橋が娘との面会をめぐり「面会交流調停」なる申し立てをしていたことが明かされた。

 これは、別居中の子供との面会方法について話がまとまらず、家庭裁判所に調停を求めるもの。離婚問題に詳しい北村明美弁護士が解説する。

「家裁の調査官が子供に面会して意見を聞き、できる限り話し合いでまとめようとします。まとまらない場合は審判に移行し、裁判官が最終的に決定します」

 高橋は離婚に同意する際、面会交流調停の申し立ても取り下げたという。結果、娘との面会に関して、次のような条件が付けられた。

「三船が年2回、娘のカラー写真を高橋に送る」

 三船の弁護士によれば、当面高橋は娘に会えず、写真で成長を確認するだけになるという。調停を申し立てるほど娘との面会を渇望した高橋がなぜ、こんな最悪の条件を受け入れたのか。

「裁判の過程で“娘が父親に会いたがっていない”と三船さんが主張したようです。娘の意思を示す資料が提出されたとも一部で報じられました。これが、高橋さんにとって致命的瞬間となったのではないか」(芸能関係者)

 離婚裁判で、親権を持たない親が子供との面会を拒否されるケースは実際にある。最も多いのが、子供への虐待だ。「面会が子供の健全な成長を妨げる可能性がある」と裁判所に判断されると、親は面会できない。もう1つが、子供自身が親との面会を望んでいない場合。子供の言い分を書面にして裁判所に提出すると認められることがあるという。

「例えばまだ3才とかの幼い子供だと、周囲に言わせられている可能性もあり信憑性に欠けます。しかし、ある程度成長した子供であれば自らの意思を持っているので、裁判所で言い分が認定されることはありうる」(北村弁護士)

 三船の弁護士も面会については「娘さんの意向を尊重した」と強調した上で、こう話していた。

「正常な形で子供がちゃんとした父親を持って成長してほしいという気持ちが美佳さんには強くある。だから意図的にジョージさんの悪口を吹き込むとか、そういうことは一切やっていない。だけど子供もだんだん成長してきて、11才くらいになると“自分の意思”を持っちゃうんですよ」

 父娘の今後について、前出・北村弁護士が指摘する。

「写真のみのケースだと、電話もNGでしょう。ただし、将来的には娘さんが“お父さんに会いたい”と希望すれば、裁判所を介さずとも父親と会うことはできます。高橋さんは、テレビなどで間接的に“娘思いの父親”をアピールするかもしれません」

 高橋は離婚成立後に出演したテレビ番組で、娘へのメッセージを聞かれてこう話していた。

「パパに会いたい、と思ってもらえるようなパパになるのが今の目標です」

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
子供に頻繁に会いたいが元妻が条件をつけてきたらどうするか
三船美佳 別居前に他の男性とデートする姿目撃されていた
元最高裁裁判官が日本の裁判所と裁判官の問題を告発した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。