ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LACCO TOWER、メジャー2ndアルバム「心臓文庫」6/8リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LACCO TOWER、メジャー2ndアルバム「心臓文庫」6/8リリース

昨年6月にアルバム「非幸福論」でメジャーデビュー、今年2月には東京・渋谷TSUTAYA O-EASTでのワンマンライヴを成功させたLACCO TOWERが、6月8日にメジャー2ndアルバム「心臓文庫」をリリースする。

本アルバムには、リードシングル「薄紅」(フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」エンディング主題歌/2016年1〜3月)を含む全10曲が収録される。

また、既に発表されているが、アルバムリリース前の5月に、アルバム収録曲のほぼ全てを一足先に演奏するという試みのワンマンライヴ「未来演奏会」を福岡・名古屋・大阪の3ヵ所にて行い、リリース後には恒例となりつつある7月の東京・恵比寿LIQUIDROOMでの東京ワンマン公演が控えている。

そして、4月30日、5月1日には、今回で3回目を迎えるLACCO TOWER主催による地元群馬でのロックフェス「I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER」が開催される。

LACCO TOWER Vo.松川ケイスケコメント
よく「固定観念に縛られ、新しいものを見つけられない」みたいな言葉を目にします。
よく「新しいものを見つけようとするあまり、本来の良さを表現できない」みたいな言葉を目にします。
そんな金言達に中指を立てんばかりの名盤が出来ました。メジャー2作目のアルバムとなる僕らの新作「心臓文庫」です。
我々のアイデンティティでもある「日本語」と「ロック」をベースに、タイトルよろしく全てを1個のストーリーに仕立て上げ「耳に読んでもらう名曲」を作り上げました。
出揃ったのはいずれも涙無くして、拳無くして、心無くしては聞けないものばかり。前作よりもさらにエッジの効いたサウンドと、ある種丸みを帯びた 雰囲気を是非両極で楽しんでもらえれば幸いです。
前作で触れたかもしれない琴線を、今度は完全に抱きかかえる事ができるアルバムだと思っています。
もらった以上の期待を返せるように。未来が始まる前夜みたいに、ワクワクと興奮が収まりません。是非最新の僕たちに触れてみてください。
このアルバムがあなたにとっての未来の前夜みたいになりますように。

リリース情報
アルバム「心臓文庫」
2016年6月8日(水)発売
COCP-39561 3,000円+税
収録楽曲
1. 罪之罰
2. 未来前夜
3. 薄紅
4. 蜂蜜
5. 楽団奇譚
6. 蛍
7. 世界分之一人
8. 秘密
9. 珈琲
10. 相思相逢
全曲作詞:松川ケイスケ/作曲・編曲:LACCO TOWER

関連リンク

LACCO TOWER オフィシャルサイト:http://laccotower.com
LACCO TOWER(コロムビアサイト):http://columbia.jp/artist-info/laccotower/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。