ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

集まっちゃいなよ、考古女子!九州国立博物館が「きゅーはく女子考古部」2期生募集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

九州国立博物館が考古好きの女子のために発足した部活がきゅーはく女子考古部。考古学を楽しく学びたい女子にぴったり。

2015年に1期生が誕生し、3月にその活動を終了したきゅーはく女子考古部が、2期生の募集を開始していますよ。興味はあるけど知識がない、弥生人の生活を体験したい、考古仲間が欲しい。活動内容はあなた次第。九博の考古担当研究員がやさしくレクチャーしてくれるから、初心者でも大丈夫!

1期生は、113名から抽選で選ばれた小学1年から大人女子30名が福岡県内外から集まって活動。約1年間、毎月1回の部活に取り組んだそう。

平塚川添遺跡で縄文時代の料理に挑戦したり、九博のバックヤードツアーをしたり、古代衣装を作ったり、三次元デジタイザを使って3Dプリンタで出力した原型をもとにしたバレンタインチョコづくりなど、バラエティー豊か過ぎな活動ぶり。1期生の活動の様子は九博ブログで見られます。

第2期生も、博物館が用意したプログラムに参加するだけでなく、部員による自主企画活動が予定されています。最後の活動では女子考古部サミットを開催、活動発表を行います。1期生は古代食づくりや鬼瓦づくりなどの体験ブースで考古学の楽しさを知ってもらったり、貫頭衣ファッションショーを開催。

考古学に興味がある女性なら誰でもOK!考古学は暗そう、土器を見ても楽しくない、はにわと土偶っておんなじでしょ。という方にこそ、ぜひとも参加していただきたい部活。楽しく考古学に触れられるチャンスです。

募集部員は約20名(応募者多数の場合は抽選)。応募条件はブログなどで女子考古部の活動を発信してくれる方。応募締切りは5月13日(金)までとのこと。詳しい募集内容は公式サイトでご確認してみてください。

九州国立博物館 | 「きゅーはく女子考古部」2期生募集!

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

人気の名宝いっぱい!日本の宝物がぎっしり詰まった「美の国 日本」展が開催だ
謎の多い卑弥呼の鏡が「魔鏡」であったことが明らかに!
なんと砂置き場で出土!弥生時代の最古級の銅鐸7個、大量ゲットだぜ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP