ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メイド服を纏った本格的ハードロック・バンドBAND-MAID、煙焔天に漲るMV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メイド服を身に纏い本格的なハード・ロックをかき鳴らすガールズ・ロック・バンド、BAND-MAIDが、5月18日リリースのミニ・アルバム『Brand New MAID』より「the non-fiction days」のミュージック・ビデオを公開した。

BAND-MAIDは、ライヴを「お給仕」、ファンを「ご主人様」「お嬢様」と呼ぶ一方、ビジュアルとは相反するハードなロック・サウンドを武器にした、ツイン・ヴォーカルにギター、ベース、ドラムで構成される5人組バンド。

「the non-fiction days」は、重厚なギター・サウンドを軸にしつつ、軽快さとソリッドも持ち合わせた楽曲。広大な海岸線を舞台に煙焔が舞う叙情的なMVを担当しているのは、the band apartやcinema staffなどのミュージック・ビデオを手掛け、BAND-MAIDの「alone」のMVもディレクションした青木亮二。

アメリカでの初お給仕も大成功を収め、国内でも初の全国ツアーを発表、2016年に台風の目となりそうなBAND-MAIDのスタート・ダッシュに乗り遅れないよう、その動向をチェックしておこう。(西澤裕郎)

BAND-MAID / the non-fiction days

https://www.youtube.com/watch?v=ItYN-ri1NPs&feature=youtu.be
■商品情報
BAND-MAID『Brand New MAID』
2016年5月18日発売
Type-A(CD+DVD) / CRCP-40460 2,315円+税
Type-B(CD) / CRCP-40461 / 1,852円+税

〈Type-A 収録内容〉
【CD】※全8曲収録
1. the non-fiction days
2. LOOK AT ME
3. ORDER
4. Brand-New Road
5. YURAGU
6. FREEDOM
7. Before Yesterday
8. alone

【DVD】
・the non-fiction days (Music Video)
・ORDER (Music Video)
・alone (Music Video)

〈Type-B 収録内容〉
【CD】※全9曲収録
1. the non-fiction days
2. LOOK AT ME
3. ORDER
4. Brand-New Road
5. YURAGU
6. FREEDOM
7. Before Yesterday
8. alone

Bonus Track(Type-Bのみ)
「REAL EXISTENCE」 (Live Ver.)

■CD購入者特典
BAND-MAID「Brand New MAID」CDショップ・オリジナル特典決定
下記店舗にて5/18発売BAND-MAID「Brand New MAID」をお買い上げのお客様に先着でオリジナル特典を差し上げます。

□新星堂・WonderGOO オリジナル特典 : ピックA
全国新星堂 / WonderGOO / 新星堂WonderGOOオンライン

□TSUTAYA RECORDS オリジナル特典 : ピックB
※TSUTAYAオンラインショッピングについてはご予約分のみ対象です。

□タワーレコード オリジナル特典 : ピックC
全国タワーレコード(タワーONLINE含む)

□HMV オリジナル特典 : ピックD
HMV全店(オンライン含む/一部店舗除く)

□Amazon オリジナル特典 : ピックE
※【Amazon.co.jp限定】の表記のある商品をご購入ください。

□ディスクユニオン オリジナル特典 : オリジナル特典有
※特典内容については後日ディスクユニオン・オンラインショップにて発表致します。

□Neowing オリジナル特典 : A3ポスター

※各店、先着のため数に限りがございますのでなくなり次第終了となります。
※一部お取扱いしていない店舗もございますので予めご了承ください。

■ツアー情報
BAND-MAID初の全国ツアー
2016年6月24日(金)新宿・Zirco Tokyo
2016年10月1日(土)東京・SHIBUYA O-WEST
その他、詳細情報は後日発表

・BAND-MAID オフィシャル・ウェブサイト
http://bandmaid.tokyo/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP