ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユニクロ「定額制Tシャツサービス」福袋的で楽しい?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ユニクロのTシャツブランド「UT」が、有名人がセレクトしたTシャツが毎月1枚ずつ送られてくるサービス「UT Picks」を開始した。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「UT Picks」では、ピース・又吉直樹と綾部祐二、道端カレン、シシド・カフカ、私立恵比寿中学、はじめしゃちょーら30名が「Picker」となり、1200種を超えるUTブランドのTシャツからセレクト。ユーザーが好みのPickerを選択すると、そのPickerが選んだTシャツが毎月1枚ずつ送られてくる。料金は月額990円で5カ月間のサービスとなる。

いわば「定額制」のTシャツ販売といえる「UT Picks」。ツイッターでは、

「Tシャツのキュレーションサービスとか最近のユニクロやっぱ面白いなー」
「エビ中にTシャツ選んでもらいたい」
「又吉さんはおしゃれだから、どんなんチョイスするのかマジ楽しみだぜーい!」

と、興味をもつネットユーザーが多い。また、

「個人的にはいいなぁって思う。 違う感性みたいなのが取り込まれるから、新しい雰囲気に出会えそう。 やってみようかな」

と、普段選ばないようなTシャツにチャレンジしたいという意見もあれば、

「こんなところにもサブスクリプション(編集部註:定期購読、会員制サービスなどの意)モデル。でもこれは厳しいかも。相手がこちらの存在をわからないので、全く似合わないTシャツが毎月届く可能性も」

と、Tシャツのセレクトに不安があるとの指摘もあった。

そういう意味では、「福袋」のような楽しみ方もできそうな「UT Picks」。ほかにも、

「UNIQLOはTシャツより下着と靴下のサブスクリプションをして欲しい…」

との声もあり、Tシャツ以外にも需要がありそう。音楽配信や映像配信では定着しつつある定額制サービスだが、洋服でも普及するかも?
(小浦大生)
(R25編集部)

ユニクロ「定額制Tシャツサービス」福袋的で楽しい?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ユニクロ自作アプリで「ヲタT」
超上級者向UNIQLOロゴバッグ
完売必至の「+J」白シャツの実力
ユニクロの週休3日制度は得?損?
どれだけ違う?日本と世界の年収

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP