ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手書きをすぐにデジタル化できるライティングセットがMoleskineから

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ペンがBluetoothでモバイル端末と連携

スタイリッシュな手帳で知られるイタリアの文具メーカーMoleskineはこのほど、紙に書いた内容をすぐにデジタル化してモバイル端末で閲覧・編集できるようになるペンとノート、アプリ(無料)のセットをリリースした。

ペンがBluetoothでモバイル端末と連携。書いたメモやスケッチを端末で編集したり誰かとシェアしたりすることが容易になる。

・リアルタイムに端末へ

ペンにはカメラが内蔵され、またペーパータブレットと呼ぶ専用のノートには各ページにNコードが組み込まれている。

これにより、ペンはノートのどの部分にどんなことを書いたのかを捉えることができ、そのデータはアプリにリアルタイムで送られる。

書いたものの写真を撮ったり、ファイルをアップロードしたり、あるいはスキャンしたりしなくても、手書きを簡単にデジタル化できるのが売りだ。

・アプリで編集、クラウドに保存も

手書きしたものはアプリで閲覧できるようになるだけでなく、スケッチに色づけしたり、文書の文言の書き直しやハイライトをつけたりと、編集できるのも便利。

もちろん、仕上がったものはアプリ内に整理保存できるほか、GoogleドライブやEvernoteなどのクラウドに保存することも。PDFにして誰かとシェアするのも簡単だ。

このスマート・ライティングセット、すでにオンラインで販売されていて、価格は199ドル(約2万2000円)。残念ながら日本からはまだ購入できないようで、日本での早い発売を期待したい。

Moleskine

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP