ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高視聴率ドラマは女性による作品が多い 女性P座談会実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつては、ちゃぶ台を囲み、家族全員で見るものだったテレビドラマ。それが1990年代から女性がメーンの視聴者となり、女性のためのドラマが作られ始めた。そして、若者のテレビ離れもいわれる現在、誰のためのどんなドラマがヒットするのか。その答えの鍵は女性プロデューサーにあった。

 ドラマのプロデューサーの仕事は、企画立案、キャスティング、予算管理など多岐にわたる。ドラマ作りの要となる重要なポジションだ。

 30代独身会社員が双子の子供と暮らすホームドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)や、孤高の天才女医を主人公にした『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)など、ここ数年、高視聴率かつ続編も制作されるドラマは、女性プロデューサーが手掛けた作品が多い。

 春ドラでも注目作には、女性プロデューサーがずらり。なかでも日本テレビは、3作品すべてが女性プロデューサーだ。少し長くなるが、3人のプロフィールを紹介したい。

 嵐・大野智(35才)が『あさが来た』の波瑠(24才)をヒロインに迎えるラブコメディー『世界一難しい恋』のプロデューサーは、櫨山(はぜやま)裕子さん(55才)。1983年に入社し、トレンディードラマ隆盛の1990年代前半にドラマ部門に異動。女性プロデューサーのパイオニアとして、『金田一少年の事件簿』(1995年)や『ホタルノヒカリ』(2007年)など数多くのヒット作品を手掛けてきた。現在、高校生の子供を持つ母でもある。

 宮藤官九郎オリジナル脚本『ゆとりですがなにか』のプロデューサー・枝見洋子さん(30才)は、そんな櫨山さんのドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』(1997年)を学生時代に見て、この業界を志望した。今回のドラマのテーマである「ゆとり世代」は、自身の2学年下にあたる。

 少女漫画原作の『お迎えデス。』は、高明希さん(31才)がプロデューサーを務める。2年前に結婚して、その直後に作ったドラマが『結婚に一番近くて遠い女』。女性ウエディングプランナーを主人公に「幸せとは何か?」「愛とは何か?」を描いた。

 担当する春ドラマの見どころとともに話を聞いた。

櫨山:『きょうは会社休みます。』(2014年)で、脚本家の金子茂樹さんに恋愛弱者の女性を描いてもらったんです。今度は、その男性バージョンを描いてもらいたかった。そして、主人公は、30~40代の独身男性にしたかった。金子さん自身も最近までその1人でした。

 以前は日常生活の不便を引き受けてもらうために結婚する男性が少なからずいました。でも、今は、便利な世の中になったから、結婚しなくてもよくなってしまった。「結婚」や「パートナー」の意味が大変化しました。だから、そんな彼らの人間性を掘り下げたいなと思ったんです。

枝見:ゆとり世代の社会人は、会社の中で「ゆとり世代だな」と言われるそうです。その言葉には、多少の皮肉や偏見が込められています。彼らは、ただその世代に生まれただけなのに、ひとつの枠でくくられているんです。

 世代や生い立ち、性別など、不可抗力的に与えられた何かでくくられるやりきれなさを感じている人はきっとたくさんいるはず。そういう社会の理不尽さをつまみ上げてみたいと思いました。

高:実は、この企画(『お迎えデス。』)を最初に出したのは8年前なんです。そのときは、通りませんでした。私は、等身大の自分を組み込んでいくことでしかいいドラマは作れないと思っています。

 2年前、うちの父親が余命宣告を受けたんです。その時に、父にしてあげたいことがまだまだたくさんあるなって思いました。亡くなるまでの2年間、それまでできなかったことをしてもしたりなくて、後悔は尽きないけど、でも何もできずに別れなくてよかったと思いました。誰かと過ごせる当たり前の時間がとても幸せって気づいたんです。

 そうした言葉はよく言われているけど、本当に実感している人ってすごく少ないと思うんですよ。今、横にいる人や親や友達を大事にすることを後回しにするもったいなさを死者を通して生きている人に訴えたら、おもしろいと思ったんです。それをきまじめにドーンとやっちゃうと重いので、コメディータッチにしました。

 ドラマの企画発想は三者三様ながら、意外なほど個人的な思いから始まっている。だとすれば、女性プロデューサーの数だけ、女性の思いを具現化したドラマが増えたといえるだろう。櫨山さんが1994年にドラマ部門に配属になった当時と比べて女性プロデューサーは何倍にも増えた。

櫨山:私は、女性だからこそ作れるドラマがあると思っています。結婚して、子供ができて…。今日も子供の卒業式だったんですけど、昨日夜中の2時に仕事が終わってから行くわけですよ。でも式典後の謝恩会には仕事があるから出られない。子供はそこまでいてほしいのに。それに対して、私は罪の意識を感じます。お母さんの友達もあまりいないし、子供に寂しい思いをさせています。

 そうした悩みは私だけが抱えているわけではありません。共働きのご家庭で、子供を持つお母さんも私と同じような悩みを持っていると思うんです。そういう世界を目の当たりにできていることが、ドラマを作る上では大切なこと。お客さんが“そこ”にいるんです。そのお客さんに喜んでもらいながら、自分も楽しんで、ドラマを作れるのは女性ならではだと思います。

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
エランドール賞新人賞 有村架純が「諦めなくて良かった」
ドラマ共演NGリスト 番組制作側からの「配慮」により作られる
テレ東のPがアイデア量産の秘訣や企画の出し方を伝授する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP