体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自家製にこだわる隠れ家カフェ 「2-3 Cafe」オーナー 小林敦司さん【男の野球メシ #05】

f:id:Meshi2_Writer:20160212102654j:plain

代官山駅から歩いて数分。オシャレなショップや高級ブランドの路面店が建ちならぶ目抜き通りから1本入ったビルの一角に、そのカフェ「2-3 Cafe」はある。

オーナーは、かつて広島カープでセットアッパーを務めた小林敦司さん。過去15年ほどのプロ野球をそこそこフォローしている人なら、目下、時の人となっている巨人時代のあの人に頭部デッドボールをぶつけてブチギレられた右のサイドハンド──と言ったら、「あぁ、あの小林か」となる人も、少なくないに違いない。

高卒で入ったプロの世界では結局芽が出ず、28歳という若さで引退を余儀なくされた小林さん。飲食の世界に単身飛びこみ、10年という歳月をかけて、自分の店を持つまでになった彼の、“自家製”にこだわる、そのセカンドキャリアをうかがった──。

f:id:Meshi2_Writer:20160212102804j:plain

▲少し奥まった場所にあるため、駅近なのに喧騒とは無縁。まさに隠れ家!!

f:id:Meshi2_Writer:20160212102840j:plain

▲食事もゆっくりできる落ち着いた雰囲気の店内。小林さん自身が厨房に立つ

野球以上に苦労したすべてイチからのカフェ修行

現役中に考えたことはなかったんですけど、もともと父親が赤坂で割烹をやっていたこともあって「辞めたら父親の跡を継ごう」っていうのは漠然とあったんです。だけど、いざ入ってみたら、ついつい親子の甘えみたいなものが出ちゃってね。料理人の世界ではペーペーのド素人のくせに、息子の立場でいろいろ言っちゃったんですね。で、自分でも「これはマズい」と思っているときに、ちょうど母親が「カフェをやりたい」と言いだして。それで本格的にそっちを手伝うために、カフェの勉強をするようになったんです。

’01年にロッテで2度目の戦力外通告を受けた直後は、現役を続ける道も模索した。だが、同年初めて開催されたトライアウト直前の自主練習で肩を痛めて、本番まではノースロー調整。ぶっつけだった当日は、ウォーミングアップのキャッチボールですら、投げたボールが相手に届かず「これはダメだ」と辞退した。

なんで、そこで「野球はもう終わり」っていう踏んぎりは意外とすんなりついたんです。でも、ヘタに父親の跡を継いで30年以上も続くお店を、2代目でダメにしてしまうわけにも行かなかった。だから、自分からあえて距離を取って、「カフェをやるならまずケーキを覚えよう」ってことで、ケーキの有名店に自分で電話をかけて、アルバイトとして入れてもらったんですね。

アルバイト先は、全国に11店舗を展開する洋菓子専門店『キルフェボン』。自身の希望どおりに配属された“アトリエ”(製造工場)では、右も左も分からないまま、いきなり最前線へと投入され、20代前半の“先輩”女性従業員に厳しい指導も受けた。

最初は雑用からと思ってたら、入ってすぐからタルト生地の流しこみなんかの実戦が待っていた。結局5年弱いたんですけど、最初の2年間ぐらいは毎日怒られっぱなしで、帰りの電車のなかでよく泣いてましたね。だって、30歳もすぎたオッサンが、コワい顔をしたハタチそこそこの女の子に「さっきも言ったよね?」とかって吐き捨てられるんですよ。そりゃあ、心も折れるでしょ?(笑)。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。