ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

異性にも同性にも好かれる「会話上手な人」。実は、◯◯が上手

DATE:
  • ガジェット通信を≫


あなたはコミュニケーションが得意ですか?

会話が上手な人には、特徴があります。
実は、質問が上手なんです。

たった1分で心をつかむ! しつもん会話術/松田充弘 著/1019円(税込み/kindle版) ※画像はAmazon.co.jpより
『たった1分で心をつかむ!しつもん会話術』に、こんなふうに書かれています。

相手に話をしてもらおう

自分が話そうとせず、相手に話をしてもらう。そのきっかけをつくる問いかけ=しつもんを意識する。これが、”たった1分で心をつかむ”ための大事なポイントなのです。いわば、私が本書で伝えたいのは「話さない力」を身につけて欲しいということです。 (P.8)

人に好かれるのは、会話が上手な人。

でも、会話が上手というのは実は、聞き上手(質問上手)な人なんです。

「コミュニケーションが苦手…」という人はたいてい「うまく話せない」と考えますが、ムリに話す必要はありません。

人は、話を聞いてもらうと相手に好意を持ちます。

誰かに好かれたければ、相手に「質問」をしてどんどん話をしてもらうことが大切なのです。

5W1Hと現在・過去・未来を軸に質問しよう

相手にどんどん話をしてもらうためには、質問して盛り上げることが大事。

では、どんなふうに質問したら良いでしょうか?
(質問が)思いつかないときには、5W1H(when where who what why how)と現在・過去・未来を軸にしてしつもんを考えてみてください。 (
P.94)

たとえば、友達から
「最近、カフェめぐりにハマってて〜」

と話しかけられたら、どんな質問をしますか?
「いつからカフェめぐりにハマったの?」(when・いつ)
「どこのカフェに行ってみた?」(where・どこ)
「いつも誰といくの?」(who・誰)
「カフェのメニューで何が好き?」(what・何)
「なぜカフェめぐりにハマったの?」(why・なぜ)
「今まで何店くらい行ってみたの?」(how many・いくつ)

などなど、5W1Hを考えると、いろいろ質問を思いつきますね。

まとめ

あなたも「質問」で、相手に好かれる人間を目指しましょう!
ただし、「話を聞く」ために質問する、ということをお忘れなく。

次々と質問ばかりしていたら、それは「詰問」。
取り調べを受けているようで、相手はむしろイライラしてしまいますよ。

 
※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

※この記事は2015年8月20日掲載された記事です。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信
こんな求人見つけました
会話コミュニケーション人気者

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP