ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美文字のコツ「縦をそろえる」「画数多い文字は大きく」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 離婚したいのに、できない──子連れ別居から4年もの間、夫とすったもんだしていた宮沢りえ(43才)。3月にようやく離婚できたことを報告したが、離婚そのものよりも、FAXに記されたりえの署名に話題が集まっている。実に個性的というか、ユニークな「宮沢りえ」という署名だったのだ。

「イメージ的に達筆な字を書くと思ってたからショック」「どれだけ顔やスタイルがよくても、字が汚いと一気に萎える」「味がある字」…など、インターネット上にはさまざまな声が上がっている。

 しかしりえの字には、芸術性が認められており、彼女の一筆書きイラストはファッションブランドに起用されたこともある。それがここへきて、なぜ騒動を巻き起こしてしまったのか? 美しい文字のプロ、書道家のさおりさんはこう見る。

「宮沢さんは空間をきれいに出した、大変読みやすい字を書かれます。読みやすい字は美文字の基準のひとつです。それなのに世間から否定的な意見が出たのは、“年齢の割に字がカジュアル”ということに尽きると思います」

 また現代礼法研究所代表の岩下宣子さんは言う。

「マナーの基本は、相手を不愉快にさせないこと。読む人に違和感を与えない、好感を持ってもらえるような文面や文字を考えねばなりません。ですからフォーマルな場面には楷書、がマナー。いくら達筆なかたでも、行書や草書は避けるべきです」

 さてこの騒動、冷や汗をかきながら見ている人も少なくない。

「他人事とは思えないですよ。学生時代はまじめな字よりギャル文字がかわいいといわれていたのに、今はこの字のせいで、勤務先のお客様から“領収書を書き直せ”と本気で叱られますから…」(43才・パート女性v)

「昔は表彰されたこともあるくらい、書道には多少の自信があったんですが、夫の自営の手伝いをするうち、急いで書くくせがついてしまって。いざ祝儀袋にきれいな字を書こうとしても、書けなくなっていて愕然としました。今では人前で字を書くことが苦痛でしかありません」(50才・主婦)

 このような手書き文字へのコンプレックスを助長させているのは、PCやスマホが普及したことが大きい。しかし、前出・さおりさんは、今こそ汚文字返上の絶好のチャンスだと言う。

「手書き文字をほとんど見なくなっているデジタル時代だからこそ、ここぞという時の直筆は注目を集めやすい。ここで美しい字が書ければ、間違いなく好印象を与えられます」(さおりさん)

 今すぐ美文字に見せるコツは、りえの例でいうと、「ひとつひとつの文字の“縦をそろえる”ことに意識を向けると印象がよくなります」とさおりさん。

「また、“画数の多い文字は大きく、画数の少ない文字は小さく”を意識すること。たとえば、平仮名は漢字より画数は少ない文字が多いですから、小さめに書く。すべての文字が同じ大きさではない方が強弱がつき、美しく見えます」(さおりさん)

 また、日頃から“相手を想いながら”手紙や一筆箋などにメッセージを書いたり、1日10分間でも“ゆっくり時間をかけて”文字を書く練習をするだけで、乱雑なクセ字が読みやすいきれいな文字へと変わっていくという。

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
美文字ブーム再来か 字が綺麗な女性に惹かれる男性心理とは
認知症予防に役立つ「鏡文字」 車庫入れも上手くなると識者
字が下手な若者増「字が綺麗だとモテる」の背景消失も原因か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。