ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

段ボールの三段活用、ドラム缶風呂… 花見の珍事紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お酒のせいなのか、はたまた桜の美しさが人を狂わせるのか、お花見では様々な珍事件が勃発する。人々が体験した、お花見珍事件を紹介する。

【かつらかけ】
「ほとんどが七分咲きのなか、満開に咲いていた木が1本だけあったんですけど、鳥が止まっていて。風流だなと思って近づいたら、かつら。近くには真っ赤な顔をした日本人のおじさんが、仲間とご機嫌な様子でした。ぽかぽか陽気だったので、暑くなっちゃったみたいですね(笑い)」(52才・教育関係)

【段ボール三段活用】
「今年は段ボールの実力をみましたね。上野公園で見かけた段ボールの達人グループは、段ボールを箱状にして、入れ口のところに足(ひざ)を入れて、暖を取っていたんです。ひざかけも入ってて、あれは完全にこたつです。

 そして、別のグループは150cmくらいの高さの角柱を作って、中に簡易トイレを入れた即席トイレを用意していました。思わず“中見せてください”って言っちゃいましたね(笑い)。代々木公園はトイレ待ちに1時間もかかったので、お酒を飲む人には本当にありがたいですよ。

 宴会が終わった後は、そのまま資源ゴミとして捨ててもいいし、食べ残しやゴミを持って帰る箱にもなるんです。その手があったか!と感心しちゃいました」(40才・バスガイド)

【マジックの出張、お土産つき】
「数十人規模の団体がいたんですが、そこではケータリングならぬ、出張マジックをやっていました。参加者のスーツは高そうだし、下っ端の人もテキパキ動いているので、きっと上場企業だろうな~と思ってチラチラ見ていたんですが、終わり際には手土産の入った紙袋がびしっと並んでびっくり。花見も接待になるんですね」(50才・会社経営)

【黒ひげでパニック】
「私たちの隣は2人分くらいしか空いてなかったんですが、中国人4人のグループが座ってきたんです。最初は日本人の宴会をニコニコ眺めていて好印象だったんですが、彼らも楽しもうとしたんでしょうね。ゲーム『黒ひげパニック』を取り出して、大騒ぎ。彼らのブルーシートは小さすぎるから、黒ひげがいろんなところに飛んで行くんです。飲んでいたビールのコップに入ったときは本気でむかつきました」(33才・会社員)

【まさかのドラム缶風呂】
「友人家族と、渡良瀬川沿いにある桜の穴場スポットに行ったんです。最初はうちらだけでのんびり楽しんでいたのに、隣に建設会社みたいな団体が来てしまったんです。ちょっと失敗したかな? と思ってはいたんですが、急に軽トラがやってきて、“主役登場!”と掛け声もかかるほど大盛り上がりし始めて。見ると荷台にドラム缶風呂が乗ってました。それから川の水をバケツリレーして湯をわかし、男性は裸で、女性社員は水着で入浴し始めましたね…。上の子はそれからキャンプ番組などでドラム缶風呂を見ると“花見”といっています(苦笑)」(39才・パート)

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
天然妻 引っ越しの段ボールを「重い」「かなり重い」と仕分け
アマゾンの巨大段ボールは北米日産のキャンペーン 中身は車
ホテルの厨房に「段ボールマジック」と呼ばれる食品偽装工作

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP